英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

国立大学から留学したいを実現するために必要な英語力について

2022/02/01

国立大学から留学したいを実現するために必要な英語力について

 
東京大学や京都大学に長崎大学や東北大学などの国立大学でもレベルが高い学校へ進学した学生などにとっては、海外の知見を深めたいと考える学生もいらっしゃいます。そんな学生が、海外の授業や生活を不便と感じず実現するために必要な英語力についてお伝えします。
 

国立大学からの留学

 
国立大学に進む学生の中には、東大や京大などの難関校に合格し、専門的な学業に専念し、勉強に励むことでしょう。その折で、海外にも意識が向き始めると留学経験を体験したいといった意欲が生まれるケースもあります。
 
大学では、留学制度が整っていることもあり、短期留学や交換留学といった留学に行けるため、海外の大学が設定する語学力などをクリアすることで、留学は可能です。
短期であれば1ヶ月程度、交換留学となれば半年から1年間、海外生活や専門的な学業に勤しむことが出来ます。国内ではできない経験を積みたいという学生にとって留学で得られる経験は、人生においても大きな財産になります。
 
しかし、留学をするとなれば、費用だけでなく生活や授業を受けるための語学力がネックとなります。ペーパーテストとは違い、コミュニケーションが取れなければなりません。また、民間英語試験のリーディングパートの様な聞き取りやすい英語ばかりではありません、訛りや癖のある英語も聞き取る必要性があるため、総合力のある英語力を高めなければ留学しても辛い経験をする可能性も低くはないのです。
 

留学を実現するために必要な英語力

 
実際に海外の大学に行く場合に必要とされる英語力というのは、民間英語試験のTOEFLであれば80~100点以上。IELTSであれば、7.0~8.0のスコアを要求されることが多く、この課題を突破できる英語力は欲しいところです。
 
また、試験は対策が可能ですが、英語を構築する瞬時の判断であったり英語を把握する理解力というのは、試験学習だけでは到底及びません。スピーキングスキルを高めたいや、リスニングの精度を向上させたいというのであれば、英語の基礎力や規則などの概念をきちんと理解する必要性があります。
 
留学先での学術の理解や日常生活などで必要となるコミュニケーションを図ることも困難となるでしょう。しっかりと留学先で、知識や教養を身に付けたいと考えるのであるのであれば、民間英語試験を突破するだけでなく、生活に必要となる英語力を高める学習に取り組むことをおすすめします。
 

まとめ

 
国立大学で勉強し知識や教養を育む中で、海外に意識が行くこともあるでしょう。
そうして、留学をしたいと考えた時に、語学力に不安を感じていては挑戦することは不可能となります。日頃から英語力アップに繋がる学習に取り組んで、自身がやりたいと感じる物に挑戦できる準備は大切ですので、将来的にも役立つ語学学習を行ってはいかがでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約