英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

昇進を見越した社会人の英語学習はTOEICやTOEFL

2022/02/02

昇進を見越した社会人の英語学習はTOEICやTOEFL

 
社会人にとっての昇進は、自身の待遇や収入を上げる事だけでなく、企業内での地位を高める要素となります。企業の成長へ役立つ働きをしたいと考える方にとっては、準備も大切になります。今回は、昇進を見越した社会人の英語学習はTOEICやTOEFLについてお伝えします。
 

昇進に必要とされる英語

 
社会人にとっての昇進は憧れや希望を持てるものでもありますが、期待と責任が大きくなるものです。しかし、在籍年数が長いだけでは昇進の願いは叶いませんし、実績を上げていなければ、また声が掛かることもないでしょう。
自分の意思だけでは、どうにもできない問題でもあります。
 
しかし、昇進するための努力は誰にでもできると言えます。
企業内で実績を上げることや、自身の努力でスキルアップすることは可能です。
そういった努力を積み上げる上で、チャンスを得られる様になっていくため、日々精進しなければならないでしょう。
 
また、現代において英語力アップさせた方が昇進に近づく企業は増えていて、海外に支社を置いている企業であったりすると、海外駐在経験がなければ昇進できないなど会社での評定基準をクリアするのも難しいので、TOEICやTOEFLのスコアを上げることや業務上で使用できる英語力を養うことが求められています。
 

目指すべき英語スコア

 
企業内によっても英語力は変わってきますが、基本的な英語力という観点では、日常生活を熟せる英語力や、業界で必要となる専門用語を使用して商談や交渉ができるレベルの英語が必要となります。
 
また、企業の多くの評価基準としてTOEIC700点以上であったり、TOEFL90点以上などの明確な基準を設定していることもあるので、民間英語試験で結果を残すのも大切です。
 
昇進を目指すことになってから英語学習を始めても良いのですが、英語を使えるレベルに引き上げるには、時間がかかります。日頃から地道にレベルアップを図っていれば、無駄な時間費やすことなく昇進を考えられるので、スキマ時間や日頃の学習時間は英語に割り当てるなど取り組み方も調整していきましょう。
 

まとめ

 
企業で働くことで、昇進や昇格しなければ企業内での収入が増えることは難しく、在籍年数が長いから昇進できるといった事は現代では難しい状況です。しっかりと、経験を積むうえで企業にプラスとなる業績を上げたや、人より優れたスキルを保有しているなど目に見える結果が残されていなければ、昇進の声は掛かりにくくなります。
 
グローバル化の現代において、その指標とされる一つに語学力が注目されることも多いため、英語力アップに励むというのは、入社前から行える学習ですので早くから取り組むことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約