英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

青山学院大学でTOEFLのスコアを伸ばして留学を目指す!

2022/02/02

青山学院大学でTOEFLのスコアを伸ばして留学を目指す!

 
青山学院大学と言えば箱根駅伝にも出場する有名大学です。青学と聞くと英語に力を入れている大学といった印象も強く、受験でもミスが許されない科目とされています。今回は、青山学院大学でTOEFLのスコアを伸ばして留学を目指す!についてご紹介します。
 

青山学院の受験英語はハード!

 
青山学院大学は、東京でも有数な英語に力を入れている大学です。
偏差値も、50後半から60台と高いこともあり、難関校の一つとされています。
 
「英語の青山」と評されることもあり、どの学部も共通して語学学習に時間を割くため、高い英語力を養えるプログラムが魅力の一つとも言えるでしょう。しかし、これは入学前の受験の時から試されているため、英語に苦手意識がある学生にとっては非常にハードルが高い受験校となります。
 
ですが、世界の人々を理解し、交流するための学びは将来的には一人ひとりのプラスとなるため、魅力的と感じられることでしょう。そして、学生を応援する留学プログラムも整備され単位を取得しながらの在学留学も行えるため、グローバルな経験を積みたいと願う学生にとってはメリットと捉えられるはずです。
 

TOEFLスコアを伸ばしましょう!

 
青山学院大学への進学を果たした次の目標は、大学内での学力アップとなります。
また、そこで英語力を向上させることにより留学などの経験を積むことも視野に入れられます。ただし、学校内での成績だけでなく、民間英語試験のTOEFLやIELTSのスコア提出が必要となるため、試験対策も必要となります。
 
海外で学びたい意欲が強くても、相手の英語が理解できない、自分の英語が伝わらない状況で留学に飛び出したとしても得られる物は限られてしまう事でしょう。国際化する現代において留学で得られる物は最大限に経験値として蓄えたいと考えるのであれば、まずは世界に通用する英語力を養う必要性があるのです。
 
これは、青山学院大学受験から始まっていると考えるべきでもあり、高い英語力を持って受験で成果を残し、在学中にさらに伸ばし将来の幅を広げるという考えを持つことが大事でもあります。英語の青山と呼ばれる大学進学を目指すのであれば、それなりに使える英語力を身に付けておくべきなのです。
 

まとめ

 
青山学院大学の様に、国際舞台を意識した英語力を伸ばそうとする大学は今後増えてくることでしょう。学生にとっても、日本社会においても語学の上達が高まれば、経済力の発展にも期待が持てることでしょう。これからの時代に必要とされるスキルを在学中に完璧に身に付け、社会に出た時に困らない様にするのも学生に期待される要素ですので、TOEFLやIELTSといった民間試験のスコアアップだけでなく、使える英語力を養い海外経験を積んで世界的に活躍できる人材への成長を遂げましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約