英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

大学入試の英語は鬼門!国立の岡山大学で必要となるTOEFL

2022/02/02

大学入試の英語は鬼門!国立の岡山大学で必要となるTOEFL

 
文系から理系に医学まで学べる国立大学の岡山大学は、入試難易度も非常に高く、合格が難しい大学の一つ。ワークショップなども盛んに行われているため、次世代リーダー育成にも非常に積極的な大学です。今回は、大学入試の英語は鬼門!国立の岡山大学で必要となるTOEFLについてお伝えします。
 

大学入試の英語は鬼門!

 
岡山大学に限らず国立大学の入試は倍率も高く、難関校とされています。
国立大学は県の優秀な学生のみならず、近県などの学生も受験することもあり、ハイレベルで競い合わなければなりません。
 
国立大学進学を目指す学生の理由としては、授業料などの安さが一番に上げられることでしょう。私立大学との学費の差は100万円以上とされています。医学部になれば1000万円ぐらいの差が生じるとまで言われています。
 
学費を理由に学ぶことを断念せざるを得ないご家庭もありますので、私立は無理でも国立や公立という選択肢を考えている学生にとっては、合格を目指すために必死に努力しなければならない状況でもあります。
 
また、国立大学の受験で鬼門となるのが英語です。英語は2技能「リーディング」と「リスニング」で構成されるため対策をしなければなりませんが、長文読解が苦手や聞き取りが正確に行えない学生にとっては、スコアを落として差が生まれ不合格になるというケースが非常に高いです。受験において、配点が大きな部分でのミスは決して許されません。
 

岡山大学の受験英語やTOEFL

 
岡山大学では、グローバル人材育成に力を入れている大学でもあり、海外とのワークショップなどへの参加も多く、国際交流が行われているので、語学力も磨ける大学だとされています。
 
受験英語では、2技能までですが、ワークショップなどに参加しようとすれば必然的に、「スピーキング」や「ライティング」のスキルも向上させなければなりません。英語総合力を高めていかなければ海外交流や海外留学は難しくなると言えます。
 
学生生活で、国際舞台を経験したいなどの発想がある高校生は、大学入試の時点で2技能を高める学習ではなく4技能を総合的に向上させる学習に取り組むことをおすすめします。
 
英語4技能を高めることで、受験英語の長文読解など配点が高い部分での意味理解などの力へと影響を及ぼしてくれるため、スコアアップにも繋がります。また、留学に必要なTOEFLでスピーキングやライティングといったセクションでハイスコアを獲得しなければならない状況で、一から勉強し直すのではなく、継続的に力を付けていくことで大学在学中に、自身の理想の行動ができる準備をすることができます。学習は一日にしてならずですので、受験シーズンより前から語学力アップに励むことが大切なのです。
 

まとめ

 
国立大学への受験を考える学生は非常に多いこともあり、倍率も高いためミスが許されない状況でもあるでしょう。また、進学後も次世代リーダーとしての成長を遂げるためには、専門的な分野の学習だけでなく語学力を高めていかなければなりません。
大学生活はたったの4年間です。その前に、できる準備をする気構えがあった方が、有意義な学生生活を送れることでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約