英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

北海道大学に入学から卒業までにTOEFLで結果を残そう!

2022/02/02

北海道大学に入学から卒業までにTOEFLで結果を残そう!

 
国立大学の北海道大学への入学を目指す学生や、就職を控えた学生にとってTOEFLでの結果は、受験英語での成功や大手企業などへの就職と言った足掛けにもなります。今回は、北海道大学に入学から卒業までにTOEFLで結果を残そう!についてお伝えします。
 

国立大学で英語力を高めることの重要性

 
北海道大学を初めとする国立大学は、日本でも倍率の高い大学がひしめき合うこともあり、学力の高い学生が集う大学とされています。受験を突破することも難関でもありますが、入学後にもどれだけ学力を伸ばせるかも重要です。
 
ただし、学生の意識としては自身が進んだ学部の専門的な知識を養うことに注視していて、語学力への学習が疎かになるケースは少なくありません。そして、自身の高めた能力を持っていざ就職活動に臨むと、語学力の面が低く進みたかった就職先の募集要項をクリア出来ないというケースも近年珍しくはありません。
 
大学受験・大学卒業を意識して語学力アップに臨むことも大切なのです。
グローバル化の現代における語学力アップが、受験や就職では武器となりますので、民間英語試験のTOEFLなどで結果を残せる英語力を身に付ける取り組みも重要となります。
 

大学生が目指すべきTOEFLスコア

 
受験生や大学生がまず目標とすべきTOEFLスコアは、75~90点が目標とされます。TOEIC換算800点以上となり、大抵の国内企業では、英語が出来るといった印象を持たれるレベルとなります。
 
就職活動ベースで考えると、上記スコアを獲得すれば問題ないかもしれませんが、大学在学中に留学や外資系企業に就職したいや、英語の知識が必要といった学生にとっては、TOEFLの100スコアを目指すべきと言えます。また、英語を流暢に話せるやネイティブレベルの英語力という実践レベルで使える英語力を養う必要性があります。
 
スコアはあくまで目安であって、将来的に職場などの場面で必要とされるのは、使える英語力であります。ペーパーテストで結果を残すというよりも、相手とコミュニケーションが図れるかが重要とされていますので、学習スタイルもスコアアップのための学習ではなく、英語を使えるようにするためにはどうするべきか考えて取り組むことが重要。
 
また、そうして培っていた英語力があって、TOEFLやTOEICといった民間英語試験の問題への理解力も向上し、ハイスコアが獲得できるようになっていきます。
ただ単に、暗記型学習に捉われるのではなく、どうやれば英語が使えるようになるか先を見据えた英語学習に取り組むことをおすすめします。
 

まとめ

 
北海道大学などの国立大学に進学した学生であっても、専門的な知識に長けていても英語が話せない、TOEFLやTOEICといった民間英語試験で結果を残せないという学生は少なくはありません。現代の社会において語学力も専門的な知識同様に、自身をアピールする非常に重要な能力となります。大学受験や進学後にしっかりと、語学力を高めていくことで、将来的には自身のプラスとなるスキルとして役立ちますので、専門的な学習だけでなく語学力アップに繋がる英語学習にも取り組んでいきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約