英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

横浜国立大学の編入にTOEICやTOEFLのスコアは必要?

2022/03/01

横浜国立大学の編入にTOEICやTOEFLのスコアは必要?

 
横浜国立大学に編入を希望している方に取って、TOEICやTOEFLのスコアは必要になるのかや、どのくらいのスコアが必要なのか気になりますよね?
 
今回は、横浜国立大学に編入したい方に向けて、出願に必要な条件を詳しくご紹介していきます。
 

横浜国立大学の編入に、TOEICやTOEFLは必要?

 
横浜国立大学への編入は「経済学部」と「工学部」で受け付けています。
どちらもTOEICとTOEFLどちらかのスコアの提出が必要となりますが、出願条件が異なります。
 
それぞれの条件は次の通りです。
 
~経済学部~
・TOEIC L&R…620点
・TOEFL iBT…61点
 
~工学部~
・TOEIC L&R…成績証明書
・TOEFL iBT…成績証明書
 
このように、経済学部ではTOEICとTOEFLの最低スコアが設定されていますが、工学部は成績証明書のみの提出が求められていて、特にスコアは設定されていません。
 
提出するのは、TOEICかTOEFLどちらか一方のスコアとなります。
どちらかを受験している場合はその成績表を、そもそも受けていないという方は、出願期限に間に合うように受験しましょう。
 
参照:横浜国立大学経済学部 第三年次編入学試験募集要項
https://www.ynu.ac.jp/exam/faculty/essential/pdf/2022_rikou_hennyu.pdf
 

今から受験するならTOEICとTOEFLどちらが良い?

 
横浜国立大学の編入に必要な、TOEICとTOEFLのスコア。
どちらのスコアも持っていないという方はどちらかを受験する必要がありますが、そうなるとどちらの方が良いか迷ってしまいますよね?
 
横浜国立大学などの国内の大学への編入のみにTOEICかTOEFLのスコアを使用したいならTOEICを受験するのがおすすめです。
 
TOEICはTOEFLと比べて難易度が低く、計画的に学習すれば高得点のスコアを獲得することも可能です。TOEICはTOEFLと比べて年間に開催される試験の回数が少ないので、受験を希望する場合は試験日を決めてから計画的に学習していくと良いでしょう。
 
一方、将来的に海外留学や外資系企業への就職を考えている方、他に興味がある大学の編入試験にTOEFLが含まれているという場合は、TOEFLを受験しましょう。
 
TOEFLはTOEIC以上に難易度が高いですが、総合的な英語のスキルが身に付きますし、国内での評価も高い試験です。
 
TOEICとTOEFL、両方のメリットを踏まえつつ、自分に合った方を受験して選考に備えていきましょう!
 

まとめ

 
横浜国立大学の編入は経済学部と工学部が受け付けています。
 
経済学部はTOEICとTOEFLのスコアが決められていますが、工学部は成績証明書の提出のみ必要で、スコアは特に決められていません。そのため、英語が苦手でスコアが低くても気軽に受験できますが、スコアが高ければ高いほど有利に働くことに変わりはありません。
 
ぜひ計画的に学習して、高いスコアメイクを目指していきましょう!

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約