英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

京都大学の編入に必要なTOEFLのスコアは?おすすめの学習方法

2022/03/01

京都大学の編入に必要なTOEFLのスコアは?おすすめの学習方法

 
京都大学といえば、日本屈指の名門大学のひとつ。
そんな京都大学は編入試験の際にTOEFLの受験、スコアが必要となります。
 
今回は、京都大学の編入に必要なTOEFLのスコアとおすすめの学習方法について詳しくご紹介していきます。
 

京都大学の編入に必要なTOEFLのスコアは?

 
京都大学の編入に必要なTOEFLスコアですが、最低ラインは特に設けられていません。
実際に受験した方のスコアを基準にすると、TOEFLのスコア55~60点ほどならギリギリ合格ラインだといえるでしょう。
 
ちなみに、TOEFLのスコア60点で大学受験レベルの英語力といえるので、このスコアに達していない場合は早い段階でスコアメイクをしていくのが良いかと思います。
 
また、京都大学の編入は、TOEFLのスコアに加えて、試験科目は法学もしくは経済学のみとなっています。
 
試験科目が少ない分、TOEFLのスコアが合否を左右する可能性は大いにあるので、なるべく高いスコアを取得しておくことが選考を突破するカギとなります。
 
今まさに京都大学への編入を検討している方は、70~80点のスコアを目指して学習をしていくのが良いでしょう。
 

京都大学の編入に繋がるTOEFLの学習方法

 
仮にTOEFLで80点のスコアを目指す場合、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各項目で20点ずつ獲得できれば良い計算になりますが、ネイティブの英語に慣れ親しんでいないと、スピーキングやライティングでスコアを伸ばすのは難しいです。
 
TOEFLの試験まで期間が限られている場合は、リスニングとリーディングでスコアアップできるよう狙いを定めて学習していくのがベストです。
 
試験まである程度学習期間が設けられそうなら、単語などを暗記して語彙力を高めていきましょう!TOEFLでは大学受験のレベル以上の単語が4技能すべての設問に出てくる傾向があるので、可能な限り覚えておくのがおすすめです。
 
リーディング問題は過去出題されたテーマが出てくることがあるので、予想問題集を多読していく学習方法が効果的だといえるでしょう
 
ライティングとスピーキングの設問でも聞き取って解答する設問があるので、リスニング力は必須です。全体的にスコアを底上げしたいなら、リスニング中心に学習していくようにしてください。
 

まとめ

 
京都大学の編入試験ではTOEFLのスコアが必要となります。
 
スコアの最低ラインは設けられていませんが、70~80点台が合格ラインだといわれているので、ぜひこちらのスコアを目指して計画的に学習していきましょう!

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約