英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

滋賀医科大学の英語試験の出題傾向は?おすすめの学習方法

2022/03/01

滋賀医科大学の英語試験の出題傾向は?おすすめの学習方法

 
滋賀県に唯一医学部を置いている「滋賀医科大学」。
今回は、そんな滋賀医科へ進学したい方に向けて、英語試験の出題傾向とそれに基づいた学習方法をご紹介していきます。
 
今まさに滋賀医科への進学を希望している方は、学習の参考にしてください。
 

滋賀医科大学の英語試験の出題傾向は?

 
滋賀医科大学の英語の出題傾向は、長文読解問題が2題と100~200文字ほどの文章を英訳にする和文英訳問題が1題出題されます。長文読解問題は、それぞれの設問に11問前後の設問が出題されているようです。
 
長文読解問題と和文英訳問題、それぞれの設問はすべて英語です。
試験時間は90分となっていて、長文読解問題もそれほど難易度が高くはありませんが、英文を読むスピードが遅いと時間をロスしてしまい、不利になってしまうことも。
 
対策では、英文をスピーディーに読むトレーニングも必要となるでしょう。
 

英語試験の長文読解問題の対策

 
長文読解問題では、英文の趣旨を掴みながら読むスキルが求められます。
日頃からあらゆる長文に触れて、リーディング力を鍛えるようにしましょう。
 
長文問題の読解力を高めるためには、語彙力の向上やあらゆる表現を知ることも大事です。参考書の問題を解いたら復習をしっかり行い、登場する単語の意味や英文法、英文の構造まで理解できるよう意識してみてください。
 

英語試験の和文英訳問題の対策

 
和文英訳は、一度簡単な日本語にしてから英訳するとスピーディーに回答できます。
 
英語試験で出題される和文は表現が難しくなっていることが多いので、和文を簡単な文章に置き換えてから英訳したり、和文が長い場合は短文に分けて英訳するのもおすすめの方法です。
 
和文英訳は英文和訳以上に語彙力と英文法の理解が必要となります。もし和文英訳が苦手なら、英単語や英文法の学習もしっかりおこなっていきましょう。
 
また、滋賀医科大学の英語試験では、過去に英作文が出題されたこともあるので、合わせて学習をしておくのがおすすめです。
 

まとめ

 
滋賀医科大学の英語試験は、難しい英単語や文法はそれほど多くありませんが、他の大学と比べると出題形式に少し特徴的です。出題の傾向を掴むためにも、受験を検討している方は過去問も必ず活用するようにしてください。
 
長文読解や和文英訳は、語彙力や英文法をある程度理解しておくことが欠かせません。基礎となる学習をしっかりと行い、試験合格を目指していきましょう!

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約