英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

就職時の前提条件だからこそ中途半端にしてはいけない英語力

2022/03/02

就職時の前提条件だからこそ中途半端にしてはいけない英語力

 
英語力は評価されるスキルではありますが、採用につなげるためにはプラスアルファの能力を示さなければなりません。英語力は前提条件だからこそ中途半端にしてはいけない理由と共に、英語力以外に条件とされがちのプラスアルファについてもお伝えします。
 

英語力に関する誤解

 
英語力を活かした仕事に就きたい、キャリアアップを図るために転職したいといった場合に応募の条件とされるのが語学力になります。
そして、書類選考を採用している企業ではTOEICといった民間英語試験のスコアが条件として募集要項に記載されているケースがあります。
書類選考では面接で自身をアピールできない分、履歴書を通じて担当の気持ちを動かさなければなりません。そのためには、やはり英語試験で結果を残すことも大切となります。
 
ですが、多くの企業がビジネス英語力の指標として用いるTOEIC L&Rではテクニックを屈指してハイスコアを狙い、結果としてスコアと実力に差が生じてしまう人も多い状況です。
 
書類選考を突破できたとしても、面接に進み英語力を試されるようなことがあれば、採用という目標を達成できない可能性が高まりますし、仮にポテンシャルが評価され採用されたとしても英語での業務が課せられれば、仕事と並行した英語学習が必要となり過酷なものになるでしょう。
そのため、企業が欲しているのはスコアではなく、実務をこなせる英語力であるというのは忘れずに英語学習に励む必要があります。
 

プラスアルファのスキルについて

 
前提条件となる英語力をクリアしているのは自分だけではありません。その中で、周囲のライバルと差別化を図るためには、他にアピールできる材料が必要となります。
 
その際に一生懸命に取り組みがちなのが資格試験の取得です。業界精通する専門性の高いテクニカルスキルなどは重宝されるでしょうが、資格コレクターになってしまう人も少なくありません。英語力に関して例えるなら、仕事で使える英語レベルに仕上げていないのにも拘わらず、トリリンガルを意識して中国語といった語学勉強に時間を割いてしまうという人も少なからずいるでしょう。
 
それよりもグローバル社会で求められるのは国籍関係なく対応することのできるヒューマンスキルであったり、即戦力を求める転職では特に関連職種での実務経験であったりします。
 

まとめ

 
英語試験のスコアが条件とされているのは、スコアに見合った仕事で使える英語力を保持している人材を求めているからで、試験スコアに囚われて、実力が置いてきぼりとならないように注意しましょう。そして、英語力プラスアルファでアピールできるものは、企業によって異なるため、志望する企業のホームページや求人票を確認し、武器になるスキルをリストにアップしながら、本当に必要な能力を見極め育てていきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約