英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

理想と現実の区別を!社会人のTOEIC試験や英語学習

2022/03/02

理想と現実の区別を!社会人のTOEIC試験や英語学習

 
英語学習をする社会人は増えています。急務を要する学習者もいることでしょう。しかし、慌てて学習してTOEIC試験でハイスコアを目指したり、英会話から始めても結果が残せない社会人は大勢います。今回は、理想と現実の区別を!社会人のTOEIC試験や英語学習についてお伝えします。
 

社会人の英語力の理想と現実

 
グローバル化が進む現代において、社会人で英語が業務上必要となるケースが増えています。そのため、英語学習に励む社会人の割合も増えているのですが、習得に至るケースは低く、苦戦を強いられている方も少なくはないのです。
 
英語学習に取り組み始めた社会人の中には、高い目標を掲げて学習に取り組むこともあるでしょう。その目標も、ネイティブレベルの英語をマスターするや、TOEIC800点以上を取るなど、その目標も人それぞれ違います。
 
目標があることで、目指すべき英語力を見定めて学習できるため、目標を立てることは大切ですが、自身の現状の英語力と理想とする英語力の開きを把握せずにいる方と言うのが少なからずいます。
 
たとえば、英語初学者なのにも関わらず英語を話せる様にしたいから、英会話教室に通う。夏休みなどの長期休暇を利用して海外の語学学校へ短期留学するなど。これらは、自身の英語力よりも高いレベルの学習に取り組んでしまい失敗に繋がる可能性が高いと言えます。自身の実力以上の学習に取り組むほど、時間の無駄になることはないのです。
 

理想と現実の見極めが重要!

 
社会人は時間が限られた中で、英語学習に取り組むため、短期間で英語力を養いたいと考えるのは分かります。しかし、基礎すらも理解できていないのにも拘らず、英会話に取り組んでも、インプットしている単語を英文に組み立てられないなどの状況に陥ります。
これでは、英会話教室や外国人と対面して話すトレーニングを積んだとしても、成長させることは困難となります。
 
実力が備わっていなければ高い目標に近づくことはできません。
どのような学習にも、順追って学ばなければレベルアップしないのです。
英語も基礎構造や規則といった概念を理解して、英文を自身で構築させることができる様になってから、初めて会話の練習を積み、発音やイントネーションを良くするといった取り組みになります。
 
そのため、基礎すら分からず高い学習に取り組んでも、理想ばかり高くて、現在の学力のギャップを埋められません。しっかりと、現在の学力を見極めて、学習に取り組まなければ、TOEICのハイスコアや流暢に英語を操るといった目標達成には繋がりませんので、学習への取り組み方も大切になります。
 

まとめ

 
社会人にとって、英語力は自身のキャリアや任される仕事の幅が広がるなど、様々なメリットを得られるスキルとなっています。そのため、英語学習に励む社会人は増えているのですが、英語習得に至らないケースが多々あるのです。その問題は、自身が思い描いている英語力と、自身の英語力のギャップの見極めが出来ていないケースが多く、学習方法が間違っている傾向にあります。英語も順追って成長させなければ、質の高い英語力を養えませんので、理想だけ高くてはいけません。基礎からしっかりと理解し語学力を伸ばしていくことが大事であることを知りましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約