英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

20代や30代での転職で有利になる英語力やTOEFLスコア

2022/04/01

20代や30代での転職で有利になる英語力やTOEFLスコア

 
大学卒業後に就職したはいいけれど、やりがいを感じられない・激務過ぎて職を変えたいなど転職を考える20代や30代の社会人の方が、次の転職活動につながりやすいスキルの習得も大事なのです。今回は、20代や30代での転職で有利になる英語力やTOEFLスコアについてお伝えします。
 

スキルがないと転職は難しい?

 
現代は終身雇用制度が崩壊しかけており、一つの企業で一生働くというケースは少なくなっています。また、20代や30代での転職者が多く、キャリアアップを図るケースが多いのです。
 
大学卒業後は、自分が働ける企業を一生懸命探し、採用してもらい喜びを感じたかもしれませんが、実際に業務に携わり企業という物を知ると、自分の想像とは違ったと感じることも少なくはありません。
 
そうなれば、離職して他の企業への転職という手段を選ぶことは、精神的にもやりがいにも関わってくるため、仕事を辞めることが何も悪い事でもないのです。特に、ブラック企業の様な激務を当然とするような企業であれば、早めに判断するのも大切です。
 
ただし、転職を考えるときに、次の企業に雇ってもらえるようなスキルを身に付けておくことが、自身をアピールするポイントとなるため、現代社会で求められている能力を養っておくことも重要となります。
 

転職で有利になる英語力やTOEFLスコア

 
グローバル化の現代において、英語力は企業が欲するスキルの一つです。
面接の際にTOEFLスコア100点以上であったりTOEIC900点などは、注目されるポイントでもあります。また、1年以上の留学経験を持っているなど、海外生活に慣れているというのは、十分なアピールポイントとされています。
 
転職する際には、このように社会で求められている能力を伸ばせるかが鍵となります。
また、英語の様なコミュニケーションスキルであれば、業種問わず就職先を選べるため、同一業種以外の企業への転職も考えられるようになるのです。
 
20代や30代であれば雇用先はありますが、収入や待遇アップは難しいため、自身のスキルでチャンスを増やし、キャリアアップを図ることが重要となり、自身の転職後まで考えておく必要性があります。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語を習得するためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解し、英語の核を強化することにより英語総合力を養うことが出来ます。
転職を成功に繋げる語学力を養いたい方は、是非LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
20代30代での転職は珍しくはない時代です。しかし、業績や功績といった結果だけでなく、企業が欲するスキルを持ち合わせているかも重要です。自身の転職先の幅を広げるためにも、スキルアップに励むことをオススメします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約