英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

ツマラナイやめる学生の英語と面白くなくても学ぶ大人の英語の違い

2022/04/01

ツマラナイやめる学生の英語と面白くなくても学ぶ大人の英語の違い

 
小学校から英語の授業が行われる現代において、英語への苦手意識を抱える学生は早くから英語に見切りを付ける傾向があります。しかし、大人になり社会に出ると英語が必要不可欠と感じ学習し直すというケースは非常に多いのです。今回は、ツマラナイやめる学生の英語と面白くなくても学ぶ大人の英語の違いについてお伝えします。
 

ツマラナイと感じればやめられる学生の英語

 
学校の授業を受けて、分からない状況が続けばツマラナイと感じ、英語を見限り真面目に取り組まなくなる学生は少なくありません。苦手意識を植え付けられてしまうのが早いほど、取り返しが付かなくなり、英語を学習するのをやめて他の科目でフォローすれば良いといったイメージを持つ学生も多いことでしょう。
 
これは、大学受験を控えた際などには、有効となることもありますが、有名大学を受験する場合には、追い込まれる状況を生み出してしまうので、どのような教科であっても、捨てる・諦めるは愚策かと思います。
 
では、英語を苦手と感じた際にどのような対策が必要なのか?
これは、基礎からやり直すのが一番良いと言えます。英語のインプットを沢山行ったところで、英語の使い方が分からなければ、貯め込んだ情報を使いこなすことが出来ないため、英語を好きになれません。また、この基礎とは、英語の構造や規則といった言語の概念を理解することになります。
 

面白くなくても学ばなければならない大人の英語

 
グローバル化により社会では、英語の需要が高まっているため、働いている大人にとっては、英語に触れるシーンが増えています。英語が出来なければ、業務に支障が出たり仕事幅を広げられないなどのデメリットへと繋がります。そして、企業の評価基準をクリア出来ないため昇進などのキャリアへの道も閉ざされてしまうといった事にもなり兼ねません。
 
大人になると英語は、面白くなくても学ばなければいけないスキルへと変化するのです。
これは、学生時代に捨てた科目をやり直さなければならないため、非常に苦痛と感じる方もいるでしょうし、途中で投げ捨ててしまい、キャリア路線も諦めることにもなるのです。
 
このような考えを抱く社会人も多いため、日本での英語普及率が上がらないのも納得がいきます。しかし、それではいけないと感じている社会人も多いと言えます。
そこで、英語を苦手とする学生や社会人の方は、英語は覚えるだけでなく、実用的な使える英語力を養うための学習に取り組まなければ成長させられないスキルであることを知らなければいけません。
 
語学を面白いと感じられる様になるためのポイントは、使える様になってからです。
外国人とコミュニケーションを図れるようになってからが、楽しさを感じられます。
その段階まで引き上げるのが難しいという方は、LIBERTYのカリキュラムを受講してみてはいかがでしょうか。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の核となる構造や規則を理解し、英語総合力を向上させることが出来ます。
 

まとめ

 
英語を苦手とする学生は少なくありません。授業で習う学習を話すなどのコミュニケーションツールにまで結びつけることが出来ずにいるため、英語習得を諦めてしまう節があります。そして、大人も英語は大切だと実感していても中々成長させられない学習であるといった捉え方をして、難しく考えてしまう傾向にあるのです。
英語は順追って学べば習得できないスキルではございません。基礎構造や規則から学び使い方を理解していくことで上達させられる能力ですので、正しい学習法で学び直していくことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約