英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

海外事業支援コンサルタントに求められる英語力やTOEIC

2022/04/01

海外事業支援コンサルタントに求められる英語力やTOEIC

 
日本企業が海外へと進出する際に、海外の現地マーケットの情報やニーズに進出例を調査し、海外進出の後押しをするのが海外事業支援コンサルタントという業種です。英語を活かした仕事に就きたいという学生の進路先の一つにもなるでしょう。今回は、海外事業支援コンサルタントに求められる英語力やTOEICスコアについてお伝えします。
 

企業を後押しする海外事業支援コンサルタント

 
グローバルな現代において、海外進出を目指す企業は増えています。しかし、進出先のマーケットであったりニーズといった情報を集めるのは時間や費用を費やすことになり、自社で行おうとすれば簡単ではありません。このような情報を揃えてくれ、海外進出の戦略を練り成功に導くのが海外事業支援コンサルタントになります。
 
事業の構想や調査、実行支援までをサポートするだけでなく、実現可能なビジョンをクライアントに提出しなければならないため、責任の大きな仕事ともなり、やりがいを感じられることでしょう。
 
また、現地調査をすることになれば、英語などの語学力を求められることにもなるため、高い語学力とコミュニケーション能力が必要となり、海外事業支援コンサルタント業に就職したいと考える学生は、選考を突破するためには語学力も重要視されます。
 

海外事業支援コンサルタントで必要な英語力とTOEICスコア

 
海外事業支援コンサルタントの給与形態が年俸制といった、業績貢献に応じて昇給などにつながり、業務で任せられる仕事の幅を広げるためには、英語力も重要となってきます。
また、就職活動中の学生には、TOEICなどの民間英語試験のスコアも審査基準に組み込まれているケースもあるため、TOEICスコアアップを図ることも重要です。
 
英語力を活かした仕事に就きたいと考えている学生は、まず話せる英語力を身に付けるのは当然のことですが、丁寧な表現であったり、正しい表現ができる英語力を養わなければいけません。TOEICスコアアップなどにも繋がる相乗効果に期待が持てるので、使える英語力への意識を高め英語学習に励みましょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の核を強化することにより、Listening/Speaking/Reading/Writingスキルの基盤を強化することが出来ます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
国際化が進む現代において、日本企業の海外進出を後押しする役割を担う、海外事業支援コンサルタントは、クライアントの企業の業績を後押しする役割を担う非常に責任の重たい職業でもありますが、その分やりがいも感じられることができるでしょう。
そこで、必要とされる英語力は質の高いレベルになりますので、基礎からしっかりと鍛え上げていくことが重要です。
ネイティブレベルの高いレベルへと押し上げる英語学習に励んでいきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約