英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

Amazonや楽天などの一流企業で必要とされる英語力とは?

2022/05/01

Amazonや楽天などの一流企業で必要とされる英語力とは?

 
Amazonや楽天などの一流企業は、学生の人気の就職先とされます。しかし、大学での学力だけが求められる力ではないのも事実。知識や性格だけでなく、スキル面も企業には測られます。今回は、Amazonや楽天などの一流企業で必要とされる英語力とは?についてお伝えします。
 

企業の採用条件とは?

 
学生にとって卒業後の進路は、非常に迷いも起こりやすく、将来を安定させる重要な岐路にもなります。そもそも、大学で学んだ知識を活かして働くことになるのですが、企業へ採用してもらうためには、就職活動で結果を残さなければなりません。
 
しかし、就職活動する学生に取って、企業が何を求めているのか?
この問題に対する答えを導き出せなければ、採用される可能性は低くなります。
 
企業が人材に求めている能力として考えられるのが、企業に利益を齎すといった答えに繋がるでしょう。その企業に何をもって力となれるのか、回答しなければなりません。
それは、学力なのかスキルなのか、性格などの人間性なのか。企業が求めている能力を示さなければなりません。
 
ここで、学生が就職先として選ぶ一流企業では、どういった人材を欲しているのか考えてみましょう。まず、個人としての能力値です。これは、学力・人間性などが問われますが、有名大学卒業なども十分に価値があるとされています。
 
ただし、その大学卒業という実績だけでは、一流企業に採用されるといった保障はありません。企業が欲している能力を養えているかが一番重要なのです。
 

現代社会で求められる力

 
企業が求める能力として考えられるのは、学生時代の学力よりも、人間性やスキルといった面を気にする傾向が強い状況です。
 
一流大学の卒業が約束されていても、企業が求める能力が備わっていなければ、採用される可能性が低くなります。
企業が求める能力とはどういったモノになるかと言えば、現代社会ではグローバル人材として成長しているかが求められます。
 
TOEICのハイスコアだけでなく、外国人との商談や交渉ができる英語力であったり、コミュニケーション能力が備わっているのかが重要視されています。企業が欲している能力が備わっていなければ採用される可能性が低くなるという事を理解し、成長していくことが学生には求められています。学校での勉学だけでなく、将来を見据えた能力値を上げる学習が重要であることも忘れてはいけないのです。
 
そうすることで、就職活動の際に、一流企業などでも求められる能力を養っているとアピールすることも出来るでしょう。
 

まとめ

 
学生に人気の就職先でもある、Amazonや楽天などの一流企業では、国際レベルで活躍できるグローバル人材を求めている傾向にあります。従って、学生時代にいかに語学力をアップさせられているかも大切です。これは、TOEICなどの民間英語試験で結果を残すだけでなく、コミュニケーションツールとして使える英語力を養っているのか?といった実用レベルの語学力を見られていますので、語学力アップも何を求められているのか考えることが、採用に繋がることを理解して学習することをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約