英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

マサチューセッツ工科大学留学に必要なTOEFLのスコア

2022/05/01

マサチューセッツ工科大学留学に必要なTOEFLのスコア

 
世界の名門大学と聞いて、マサチューセッツ工科大学の名前を思い浮かべる人は多いのではないのでしょうか。
今回はアメリカの名門大学マサチューセッツ工科大学へ留学するために必要なTOEFLのスコアについて紹介します。
 

世界トップクラスの工科大学

 
まずマサチューセッツ工科大学の基本情報についておさらいしましょう。
マサチューセッツ工科大学はMITとも呼ばれるアメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジにある世界の名門大学の一つで、ハーバード大学、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、スタンフォード大学らと共に世界のトップ5と称され、2022年に発表されたQS世界大学ランキングではなんと10年連続で1位にランクインしています。
 
科学、技術、その他の分野の知識を深め、21世紀にアメリカと世界に最も貢献する学生の育成を目標に運営されており、なんと奨学金の全額免除制度も用意されています。
ちなみに、年間の学費は日本円で換算すると560万円で世界最高値です。これは東京大学の学費の10倍の値段になります。
 

留学に必要なTOEFLのスコア

 
マサチューセッツ工科大学に留学、直接進学をするためには非常に高い壁を越える必要があります。英語の高い運用能力はもちろん、最低値は設けられていませんがGPAで3.5以上の成績が求められているのが実情です。
英語の運用能力についてはTOEFLのスコアで判断されますが、その際求められるスコアは90以上、理想は100以上となっています。これは限りなくネイティブと同じレベルの英語の運用能力を有していると判断されるほどのハイスコアで、マサチューセッツ工科大学以外のほとんどの大学で入学が認められるほどです。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の英語の育成メソッドを使用した英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで、英語の根幹的な理解力を高め、英語の運用能力、話す、聞く、書く、読むについて短期間で効率的に向上させることが可能です。これによってTOEFLなどの試験対策のための英語ではなく、ビジネスや日常生活に応用できる英語力を養えます。
 

まとめ

 
以上、マサチューセッツ工科大学へ留学するのに必要なTOEFLのスコアについて取り上げてみました。
流石世界のトップ5と言うべきか、非常に進学をするための壁が高いですね。それだけ多くの学生が国内外問わず入りたがっているということなのでしょう。金銭面含めて、入学には覚悟が必要です。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約