英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

大学院から科学者などの研究職に就くには英語力アップも大切

2022/05/02

大学院から科学者などの研究職に就くには英語力アップも大切

 
大学卒業後の進路として大学院へ進学し、科学者や研究職といった道を目指す場合には、専門的な能力を伸ばしていくことを考えることでしょう。しかし、現代では専門的な知識を発表するとなれば語学力が必要となります。今回は、大学院から科学者などの研究職に就くには英語力アップも大切となる理由についてお伝えします。
 

大学院への進学について

 
大学を卒業すると学生は、その知識や能力を活かし就職し社会に出るケースが多いことでしょう。しかし、専門的な分野の知識を探求し、成果を上げるために大学院へ進学し、科学者や研究職に就くといった進路を選ぶ学生もいます。
 
科学者や研究職は、世界的な発明であったり、世界の問題を解決するための探求をすることになるため、専門家としての知識や教養を養う場でもあります。そして、研究の成果を国内だけでなく世界へ発表することで権威を得たり、世界を救う手助けを担うことにもなるでしょう。
 
この時に、専門的な分野の学習だけをすれば良いといった考えを持つ学生もいるかもしれませんが、英語力アップも必要不可欠となります。
 

英語力アップが大切となる理由

 
大学院へ進学する際に、英語などの語学試験が設けられることもあり、スコアによっては不合格となるケースがあります。しかし、合格した場合であっても、その時点で語学学習は終了して良いという訳ではありません。
 
英語力を伸ばさなければならない理由はいくつかあります。
まずは、研究に必要な情報を集めるためには、国内の情報だけでなく世界で発表されている論文や文献を頼ることも多いため、英語が読めなければいけません。
また、自身が発表する立場になれば、国内向けのプレスだけでなく世界に発信しなければ、認められないケースも少なくありません。そのため、言語面は高いレベルに引き上げる必要性があると言えます。
 
もちろん、海外で論文を発表することになれば、メディアからの質問などを英語で返さなければならないため、語学力の向上は重要です。専門的な研究に打ち込むとしても、その成果を発表するとなれば英語であるということを理解しておきましょう。
 

まとめ

 
科学者や研究職といった人の生活を豊かにする発明などをする方にとっては、専門的な知識を蓄え結果を残すことが命題ともなるでしょう。また、専門的な新知や海外情報にも敏感でなければならないため、語学力アップ無くして成果を上げる事も難しい分野でもあるので、高い英語力を養っていきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約