英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

モルガン・スタンレーの解説と求められる英語力について

2022/06/01

モルガン・スタンレーの解説と求められる英語力について

 
投資銀行の大手と聞いて、外資系企業の一つであるモルガン・スタンレーの名前を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
今回はそんなモルガン・スタンレーについての解説と、働くにあたって求められる英語力について紹介します。
 

モルガン・スタンレーについて

 
モルガン・スタンレーは投資銀行業務意外にも不動産業務や資産運用業務、そして株式や債券の売買など多種多様な金融サービスを提供している外資系金融企業で、日本で事業展開をしている外資系企業の中でもトップクラスの規模を誇っています。
同じく外資系投資銀行で規模の大きなゴールドマンサックスと比べられることが多いですが、ゴールドマンサックスと比較するとモルガン・スタンレーは日本の市場でより長く業務を展開しており、順法意識も強くコンプライアンスについて厳しいのが特徴です。インサイダー取引関連の不祥事はほとんどモルガン・スタンレーでは起きていません。
また、2021年に発表された働きがいのある会社若手ランキングでは、大規模部門の4位に選出されるなど、企業内外の評価も非常に高いです。
 

求められる英語力について

 
モルガン・スタンレーをはじめとする外資系企業は、配属される部署や仕事の内容に左右されますが、やはりある程度の英語力は必要です。
資格の目安としては、TOEICで750点以上あると入社前の選考で足切りに遭うことはほぼ無いと言っても問題ないでしょう。もちろん、点数が高いに越したことはありません。
また、モルガン・スタンレーは英語の力量を測るために英語で面接を行う他、サマーインターンのエントリーシートでも英語で自身の挫折体験と学びについて記述するように求められており、バランスの取れた英語力を育てる必要があります。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自のメソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の4技能、話す、聞く、読む、書くについて伸ばすことが可能です。
 

まとめ

 
以上、モルガン・スタンレーについての解説と求められる英語力について取り上げてみました。
外資系投資銀行は選考の段階から一定以上の英語力を求めますが、入社後には手厚い研修や資格補助などを通して英語力を伸ばす手助けをしてくれます。
長期的な視点でキャリアを積みながら英語の技能も伸ばしたい人は、積極的に挑戦してみると良いかもしれません、

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約