英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

伊藤忠商事や三井物産などの人気の高い商社では英語は不要?

2022/06/01

伊藤忠商事や三井物産などの人気の高い商社では英語は不要?

 
商社と言えば、海外との取引・商談が多いこともあり英語が必須といった印象も強いのですが、就職した学生の中の半数は英語力が高くはなくても就職できていると言われています。今回は、伊藤忠商事や三井物産などの人気の高い商社では英語は不要?についてお伝えします。
 

就職先として人気の高い商社

 
伊藤忠商事や三井物産などの総合商社は、大卒・大学院卒の学生の就職先として根強く人気の高い業種となります。収入面が良いことや待遇も良い事。そして、海外赴任や海外出張といった海外挑戦など幅広く活躍ができるシーンがあり、やりがいを感じられる職業だとされています。
 
また、キャリアを積み重ねる事で、知見が広がり色々なところに幅が利きます。ベンチャー企業への転職・起業などさまざまな選択肢が増える事も人気の理由だと言われているのです。
 
では、実際に商社で採用されるためには、どのような能力を養っておくべきかというと、まず英語力を考える学生が大半だと思います。商社では海外取引・商談が多いことや、海外駐在・出張もあるため、英語力は重要視される要因の一つであることに違いありません。
 

商社では英語は不要?

 
商社で採用される人材の半数は英語が出来ないとされています。
英語が出来る出来ないで、採用幅を狭めることは企業にとってはデメリットと考えるのは当然です。英語は一つのスキルでしかないため、コミュニケーション能力やビジネススキルが高い人材を落としてしまうことになれば、将来の原石を見逃してしまう事にもなるため、就職活動中に語学力が足らなくても他の能力が高ければ採用される可能性はあります。
 
しかし、就職後に英語力を伸ばすよう言い渡されることになるため、その時には必死に英語学習と向き合わなければなりません。商社ではTOEICスコアとして730点や800点などの基準を設定しているため、最低ラインはクリアする必要があると言えます。
 
このスコアがクリアできなければ、給与アップしないや海外出張や海外赴任を任せてもらえない等のデメリットにもつながりますので、英語は不要ではなく、猶予を与えられていると考えるべきなのです。
 
従って、就職前から英語力は伸ばしておくに越したことはありません。
これは、どのような業界でも起こっているのですが、英語力が低いと収入アップやキャリアを積み上げられないといったケースが増えています。現代社会で求められているスキルは率先して身に付けることをおすすめします。
 

まとめ

 
伊藤忠商事や三井物産などの人気の高い商社へ就職しキャリアアップを図りたいと考えているのであれば、語学力を向上させることも大切です。語学力が全てとはされませんが、確実に企業が求めている水準に英語力などを上げられなければ、任せられる仕事幅も狭まってしまいます。そうなれば、自身のキャリアプランも狂ってしまう事にもなるでしょう。ですので、学生時代から英語学習や海外インターンなどを経験し、文化的背景を学んだり異文化交流を深め英語力などのスキルを伸ばしていくことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約