英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語力アップに繋げるインターン期間は短期と長期どっちが良い?

2022/06/01

英語力アップに繋げるインターン期間は短期と長期どっちが良い?

 
商社に外資など数多くの企業がインターンシップを行っています。学生にとっては職業体験できることもあり活用するメリットは沢山あります。今回は、英語力アップに繋げるインターン期間は短期と長期どっちが良い?についてお伝えします。
 

インターンで知る実用的な英語

 
グローバル化が進む現代社会では、企業においても外国語での対応などが増えています。しかし、言葉で聞いても実際に業務中にどのような英語が使われているのか知らないという学生は多いことでしょう。
 
企業や部署によっても英語を使う頻度もレベルも異なります。
従って、インターンシップを活用することで、企業の内部に入り業務内容や語学の重要性を間近で体験することが出来るのです。
 
インターンの期間も企業の応募によって異なり、短期と長期があり、短期であれば1日から1週間程度。長期となれば1ヶ月や3ヶ月となります。
 
短期間ですと、先輩社員と会話する時間が短いこともあり、本格的な業務に必要なスキルを全て見ることは出来ないでしょうが、長期となれば実務にも携わることにもなるためより企業と言う全体を知ることができます。
 
多くの企業を見たいと言う学生は短期でも良いかもしれませんが、企業で求められる人材像や仕事内容・業界をしっかり把握したいという学生は長期インターンを選ぶと良いでしょう。
 

英語力アップに繋げるインターン

 
インターンシップを体験することで、企業の働き方について学べると同時に必要な能力が見えてきます。その一つが語学力です。
 
商社や外資といった英語が業務で必須となる様な企業では英語が必要になるということは、頭では理解できていますが、英語が必要か分からない企業でも実務の中で英語が使われているケースも現在では少なくはありません。
 
そのため、短期では難しいのですが長期インターンで企業の内部を見ることができれば、実は採用されるためには、実用レベルの英語力が必須となるや、部署によっても英語レベルが違うなどの印象を持てるようになります。
 
そして、自身が就職活動に入る前までにしっかりと英語力アップしておくことで、採用される可能性も高まるなど経験値を積むことができるため、インターンを活用することのメリットは非常に大きいと言えます。
 

まとめ

 
インターンを利用することで、企業の仕事の現場を間近で体験できるため、自身に足らない能力や養っていくべきスキルがハッキリしていきます。特に、長期インターンでは、実務にも携わることもあるため、より明確な指標が生まれてくることでしょう。
英語などの語学力アップを図るためにも、実践で経験を積むことはプラス要因に繋がりますので、インターンを積極的に活用することをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約