英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

国立旭川医科大学で取り組まれている英語教育とその方針

2022/06/02

国立旭川医科大学で取り組まれている英語教育とその方針

 
グローバル化に伴い国家間の関わりが深まる昨今、世界の共通語である英語の重要度は日本国内のみならず英語圏以外の国でも急激に高まっています。
そこで、今回は旭川医科大学で行われている英語教育について取り上げてみます。
 

母語を重視する英語教育

 
今日の国際化社会は国際共通語である英語なくして成り立たないと言っても過言ではないでしょう。何より英語ができることで活動範囲は国内から国外へと広がり、活躍の場が増えるというメリットがあります。
 
旭川医科大学ではこうした共通語としての英語教育に力を入れており、学生が普段から英語の学習に意識して取り組めるように、大学に入学した時点で将来英語をどのように活用し、そのためにはどのような英語学習を行うべきか、目標を達成するためのカリキュラムが組まれています。
 
また旭川医科大学では英語を学ぶにあたって、母国語、日本語を大切にしているのが特徴です。英語を活用するためには学術英語、実用英語、様々な英語を学ぶことが重要ですが、それらは全て母国語の論理的な思考、教養が土台となっています。そのため、在学生たちは英語のインプット、アウトプットのみならず読書や情報を整理する習慣を強く進めているそうです。
 

旭川医科大学の留学制度

 
近年は日本の大学も海外の大学、研究機関と提携を結び、積極的に自身の教育機関に在籍している学生や研究員を派遣していますが、旭川医科大学も例に漏れず積極的な国試交流を行っており、学術交流協定締結大学には中国の中国医科大学、ポーランドのポメラニアン医科大学など、様々な大学が名前を連ねています。
 
また、医療の最先端であるアメリカへ留学する学生も少なくありません。もちろん英語のネイティブ達と高度な講義を受けることになるので、事前準備、特に日本人にとってネックになりがちな英会話学習は必須です。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化した英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の運用能力を向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、旭川医科大学の英語教育について取り上げてみました。
英語の重要性はどの分野でも年々高まり、留学の重要度も高まっています。LIBERTYでも留学を考えている人向けのTOEFL、IELTS対策コースを用意しているので、興味のある人は受講してみてください。
 
参照:旭川医科大学
https://www.asahikawa-med.ac.jp/index.php?f=education_science+index
https://www.asahikawa-med.ac.jp/index.php?f=facilities_guide+ippan_english

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約