英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

早期退職につながる?商社で必要な英語や語学力が重要!

2022/06/02

早期退職につながる?商社で必要な英語や語学力が重要!

 
国際化が進む現代において、英語を使うシーンが多い商社では、英語力が低ければ業務に支障が出るため、高い英語力を養う事が大切になります。今回は、早期退職につながる?商社で必要な英語や語学力が重要!についてお伝えします。
 

商社では語学力が重要!

 
商社のような海外との取引や商談が多い業種では、英語などの語学力が必要不可欠なケースが多いこともあり、就職する前から高い語学力を養っておくことが重要となります。
 
就職してから事前研修などで、語学力アップの研修などもあるとされていますが、その短期間で成長できなければ、配属先で英語を多用することになると実務的な知識を身に付けるだけでなく、語学力も伸ばす必要性が出てくるため、苦労することになります。
 
従って、語学力が低いと業務がシンドクも感じられてしまい、早期退職とつながるケースも少なくないと言われています。商社に限らず海外との業務が頻繁に行われる業種への就職を目指す学生は就職前から語学力を伸ばすことが重要です。
 

商社で必要な英語について

 
商社への就職活動をする学生にとっては、企業の適正検査などで英語を活用した出題や面接が行われるケースも多いため、実用的なレベルの英語力を養っておく必要性があるとされます。
 
業務で必要となる単語などビジネスレベルの英語力は、就職後に伸ばすことが出来ますが、基本的な会話レベルであったり英語を読む力がなければならない傾向が強いので、英語が得意という学生であってもペーパーテストでのスコアだけでなく、スピーキングレベルを引き上げておきましょう。
 
また、英語力の判断材料としてTOEICのスコアなどの提出で、英語力でアピールしたいと言う学生であれば、TOEICの800点や900点レベル・TOEFLであれば、90点~100点レベルの成績を残すとアピールには繋がるとされています。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語を習得するためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の核となる構造や規則を理解することで、英語総合力を向上させることができます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
商社など英語などの語学力が必要不可欠となる業種では、語学力が低いと就職後に語学の壁に阻まれます。そうなると、仕事へのプレッシャーや苦痛を感じることにもなり、早期退職へと繋がる傾向が高いです。英語を使った仕事に就きたいと考えている学生は、使える英語力を養っていくことが重要であることを知りましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約