英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した国際基督教大学への編入制度

2022/07/01

TOEFLのスコアを利用した国際基督教大学への編入制度

 
近年のグローバル化に伴い、英語をはじめとする言語教育に力を入れている大学が増えていますが、国際基督教大学もその一つです。
今回はそんな国際基督教大学のTOEFLを利用した編入制度について取り上げてみたいと思います。
 

英語教育に定評のある大学

 
1949年に創設された国際基督教大学はICUとも呼ばれ、私立大学の中では早稲田大学、慶應大学、上智大学と並ぶ名門大学として知られています。
 
大学の名前に「国際」が含まれているだけあって日英バイリンガル教育が基本とされており、国際社会で活躍するのに必要な言語運用能力、効果的な文章記述力やコミュニケーション能力を育むための独自の教育プログラムが組まれているのが特徴です。
 
また、普段の講義だけでなく事務室やクラブ活動、掲示物、学食のメニューに至るまで日英語、2カ国語が使用されています。普段から英語を使用する環境を整えることで、十分な英語力を養うためです。
 
さらに全ての大学の部署に十分な英語運用能力を有した職員を配置しており、様々な業務に対応することが可能な組織運営もしています。これによって在学生や留学生のみならず、学内の外国人教員にとっても十分なサポートを提供することが可能です。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
国際基督教大学は編入制度を採用しており、試験を受けることで2、3年生から同大学に在籍することが可能です。
ただし、国際基督教大学は最初にも述べたとおり早慶上智に匹敵する難関大学なので、一般入試以上に難易度は高いと言えるでしょう。
 
編入試験を受けるためには国内外の大学に1年以上本科生として在籍していたなど、いくつかの条件を満たす必要がありますが、TOEFLのスコアを利用する場合は79点以上の点数を取得している必要があります。TOEFLの79点以上は海外の大学への出願が可能なレベルの成績なので、きちんとした対策を取る必要があります。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを使用した英語教育を行なっています。体系化された英語のルールを学ぶことによって英語に対する根幹的な理解力を養い、英語の4技能について短期間で効率的に向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した国際基督教大学の編入試験について取り上げてみました。
LIBERTYでは留学を目指している人向けにTOEFL専用の対策コースも用意されていますので、興味のある方は受講してみてはどうでしょうか。
 
参照:国際基督教大学
https://www.icu.ac.jp
https://www.icu.ac.jp/admissions/undergraduate/exam/transfer/

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約