英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した早稲田大学への編入について

2022/07/01

TOEFLのスコアを利用した早稲田大学への編入について

 
日本国内には様々な大学がありますが、その中でも特に大規模かつ有名な大学といえば早稲田大学の名前が挙げられるでしょう。
そこで、今回は早稲田大学について、TOEFLのスコアを利用した編入試験の紹介をしたいと思います。
 

日本国内最大規模の私立大学

 
早稲田大学は大隈重信が創設した東京専門学校を前身とする私立大学です。
大学の規模は日本国内でも有数で、慶應大学や上智大学、国際基督教大学と共に私立の難関名門大学として知られています。
近年は国際社会のグローバル化に伴い言語教育にも力を入れており、世界の共通語である英語の他に、中国語やロシア語教育にも定評があります。
 
早稲田大学でも特に英語教育に熱心なのは国際教養学部で、留学生や帰国子女の多くが所属している学部です。同学部では全てのやりとりが英語で行われる講義や、1年間の留学が義務付けられているなど、言語能力を向上させるための環境が整っています。
 
また、早稲田大学には付属校である早稲田大学高等学院や本庄学院などがあり、大学の4年間だけでなく、中等部や高等部から中長期的な英語教育を行うことができるのも早稲田大学の強みです。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
早稲田大学では機関理工学部など、一部の学部で編入試験が行われています。
入学志願票にはTOEFLのスコアを記入する項目があり、試験を受けるにあたってTOEFLのスコアを有していることが受験の条件となっています。スコアのボーダーラインは特に決まってはいませんが、できるだけ高いスコアを取得するに越したことはないでしょう。参考情報ですが、日本人のTOEFLの平均スコアは72点と言われているので、スコアを持っていない人はまず70点を超えることを目指しましょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを使用した英語教育を行なっています。体系化された英語のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の運用能力、話す、聞く、読む、書く能力を向上させることが可能です。
ちなみに、政治経済学部への編入試験の受験にはTOEFLのスコアが必須ですが、それ以外の学部ではIELTSのスコアを利用することも可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した早稲田大学への編入について取り上げてみました。
LIBERTYでは一般の英語教育の他に、留学を目指している人向けにTOEFL対策専門のコースが用意されているので、TOEFLの受験に不安を抱えている人はぜひ受講してみてください。
 
参照:早稲田大学
https://www.waseda.jp/top/
https://www.waseda.jp/inst/admission/undergraduate/application/transfer/

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約