英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した同志社大学への編入について

2022/07/01

TOEFLのスコアを利用した同志社大学への編入について

 
日本の大学では社会人や他大学の生徒を受け入れる編入制度があり、毎年多くの受験生が目的の大学へ入るために編入試験に挑んでいます。
そこで、今回は同志社大学のTOEFLのスコアを利用した編入制度について取り上げてみたいと思います。
 

西日本の名門私立関関同立の一つ

 
同志社大学は京都府にキャンパスを構える私立大学で、関西大学、関西学院、そして立命館大学と並ぶ西日本の名門大学です。明治六大教育家の一人に数えられる新島襄によって創設された同志社大学はその名の通り「志を同じくする者が創る結社」として、高度な教育プログラムを学生たちに提供し続けています。
 
同志社大学は1875年の創設時の名前が同志社英学校だったことからも分かるとおり、英語教育に定評のある大学の一つです。近年の国際社会のグローバル化によって共通語である英語の需要が高まっていることもあり、同志社大学でも受け継がれてきた英語教育のノウハウを守りつつも、新しい手法にも取り組んでいます。例えば、生徒一人一人に行き届いた英語教育を受けさせるために習熟度別、少人数クラスを採用したり、自身の専門分野を学ぶための英語科目を受講させるなどして、全体の英語運用能力の底上げを行なっています。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
同志社大学ではTOEFLのスコアを利用した編入試験が採用されています。
全ての学部で編入を受け付けているわけではありませんが、人気学部である英文学科などでは編入を受け付けています。また、年度毎の定員の充足状況によって編入を受け付ける年度と、そうでない年度もあるようです。
 
そして提出するTOEFLのスコアについてですが、学部によっては特にボーダーを設けてはいませんが、生命医科学部などでは52点以上のスコアの提出が求められています。TOEFLの52点はきちんと大学で英語の勉強をしている人であれば問題なく取得できるスコアですが、同志社大学の編入試験を受けるのであれば日本人のTOEFの平均スコアである72点以上、理想を言えば80点以上のスコアを取得するのが望ましいでしょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いたTOEFL専用の英語対策コースを用意しています。体系化された英語のルールを学ぶことで短期間で効率的に英語に対する根幹的な理解力を養い、英語の運用能力を向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、同志社大学のTOEFLのスコアを利用した編入制度について取り上げてみました。
TOEFLのスコアは編入だけでなく留学時にも利用できるものなので、興味のある人は受験してみましょう。
 
参照:同志社大学
https://www.doshisha.ac.jp
https://www.doshisha.ac.jp/admissions_undergrad/new/transfer_admission.html
https://www.doshisha.ac.jp/admissions_undergrad/new/ao/qualification.html
https://www.doshisha.ac.jp/news/2021/0712/news-detail-8401.html

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約