英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

アフラックに入社する際の英語力!どれくらい必要なの?

2022/07/01

アフラックに入社する際の英語力!どれくらい必要なの?

 
アフラックは、アメリカジョージア州が発祥の企業で、がん保険に強みを持った保険会社です。今回は、日本でも展開しているアフラックに入社する際の英語力!どれくらい必要なの?と題してアフラックの入社要件について解説します。
 

アフラックの基本情報

 
アフラックは、アメリカのジョージア州から始まった企業で、1974年より日本での販売も始めています。
 
日本ではアフラック生命保険会社として展開しており、癌に苦しむ人を救いたいという想いから創業され、がん保険を中心とした生きるための保険商品を販売しています。
 
現在では1500万人と契約をするなど、日本国内でも最大規模の保険会社として社員数も約5,100人です。また、営業拠点数は95拠点あり、代理店の数は8,810店と日本各地に存在しています。
 

アフラックの入社に必要な英語力

 
アフラックに入社する際には、英語力が必要となります。
他の外資系企業より、厳しい英語試験が用意されていませんが、経理・数理部門では、TOEIC730点以上が入社要件となっているため、アフラックの経理・数理部門が希望の方はTOEIC730点を事前に取得することが課題となります。
 
そして、アフラックのような外資企業で働くのは日本人だけでなく外国人社員もいることや、海外のグループ会社との会議やメールのやりとりなどもあるため、英語力は高めておいて損はありませんので、TOEICスコアだけを目標とするのではなく、使える英語力を養っていくことも重要となります。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語を習得するためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化され、英語総合力が向上します。ご興味がある方はぜひ無料カウンセリングへお越し下さいませ。
 

まとめ

 
ここまでアフラックという企業や入社に必要な英語力について解説してきました。
アフラックは大手外資の保険会社となり、日本でも最も大きな保険会社といった印象も強いこともあり、就職を目指す学生も多いと思います。経理・数理部門ではTOEIC730点が求められるなど、応募要項に英語が含まれている事もありますので、英語力は必ず伸ばしておきましょう。
 
また、部署問わず外資系企業の特徴としては、キャリアを築くうえで英語力が必須となるケースが存在します。英語習得に向けた学習に励むことはデメリットではないので、学生時代からコミュニケーションを図れるなど英語4技能習得にチャレンジし、就職後のキャリア挑戦などに役立てましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約