英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

コンサルタントは専門的な分野で分けられ英語学習も変わる

2022/07/01

コンサルタントは専門的な分野で分けられ英語学習も変わる

 
企業の経営戦略や人事採用をサポートするコンサルタントという業界には、専門的に企業が抱える課題を明らかにし、成長を手助けする仕事になります。企業抱える問題も様々ですので、コンサル企業の専門分野も変わってきます。今回は、コンサルタントは専門的な分野で分けられ英語学習も変わるについてお伝えします。
 

コンサルタント業界の種類

 
企業コンサルティングを受け持つコンサルタントという業界では、企業が抱える課題や問題を明確にし、解決策を提示し、その実現を支援することで成長を促す役割を担っています。
 
企業が抱える問題は多岐に渡り、戦略的な問題から新規事業戦略にIT戦略やM&Aなどの買収といった経営戦略、人事戦略や制度設計に組織変革・意識行動改善といった企業内部の問題にもメスを入れていることになるため、コンサルタント業界の種類も専門的分野ごとに分けられています。
 
・総合コンサル
・戦略コンサル
・ITコンサル
・組織人事コンサル
・シンクタンクコンサル
・FAS(M&A)コンサル
・独立系コンサル
・経営・会計コンサル
・監査法人系コンサル
・事業再生コンサル
・医療コンサル
など、コンサルタントの業界は企業規模や従業員数によっても得意分野や行うコンサルタット業務が変わってくるため、専門的なスペシャリストが働いている印象も強いのです。
 
また、総合コンサルとなれば、戦略だけでなく経営や事業再生に現代のITコンサルなど複数の部門を一つの企業で解決策を導き出すコンサルティングファームといった大規模な企業として世界各地にオフィスを構えており、国内外の企業をサポートしているため、多様性あるビジネス展開をしています。
 

専門的な部署によって使う英語も違う

 
コンサルティングファームなどの大規模な企業に所属することになれば、扱う専門知識も変わります。企業戦略であれば、主要産業分野の専門用語が飛び交いますし、経営・会計となれば、財務や投資などの知識や専門用語を操らなければなりません。
 
ここで、外国のクライアントや海外支社などの方と仕事を一緒にするとなれば、基本的にコミュニケーションは英語で行われることになるため、語学力の底上げは必要不可欠となります。
 
企業によっては、グローバル部署など海外案件を一手に引き受ける企業もありますが、どのような部署であっても、外国人社員がいたりメールや電話問い合わせなど英語が必要とされるシーンは少なくはありませんので、英語力は伸ばすべきスキルの一つだとされています。
 
企業サポートする立場の業界だからこそ、言葉の間違いはトラブルに繋がる可能性もありますので、しっかりと高い水準の英語力を養うことをおすすめします。
 

まとめ

 
コンサルタント業界への就職を目指す学生にとっては、自身の専門的な知識を活かせるコンサルタント企業への就職が大切になります。もちろん、就職後に資格支援や社内勉強会などが行われ知識を伸ばせる環境も多く取り入れられています。しかし、語学面の成長は学生時代からでも行え、就職前からしっかりと伸ばしていくことも大事になりますので、早くから取り組むことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約