英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

ベイン・アンド・カンパニーの様な外資コンサルで必要な英語

2022/07/01

ベイン・アンド・カンパニーの様な外資コンサルで必要な英語

 
世界40か国に65拠点を持つベイン・アンド・カンパニーの様な世界的に有名な企業への就職を目指す際に、備わっていなければならないスキルの一つに英語があります。今回は、ベイン・アンド・カンパニーの様な外資コンサルで必要な英語についてお伝えします。
 

外資コンサルで必要な英語

 
外資コンサルタントファームと呼ばれる大規模コンサル業界では、世界中に拠点を持ち国内だけでなく、海外の支社などのスタッフとやりとりが必要となるケースもあるため、英語力は必須スキルと言っても良いでしょう。
 
国内の外資コンサルに就職したとしても、グローバルな案件を扱う部署も設置されていることや外国人社員も在中しているため、コミュニケーションを図る際に英語が必要となるケースが多いので、キャリアを築き上げるためにも英語力は備えて置くべきと考えられています。
 
また、査定評価される際には、TOEICなどのスコアが昇進条件に設定されていることもあり、英語力が低いと評価を得られないといった一面もありますので、国内のオフィスで働いていても英語力は必要不可欠なスキルとなります。
 

就職活動生には英語力は求められていない?

 
外資コンサルの新卒採用ページなどを見ると、英語力を求めている内容が記載されていないケースが多いため、英語力は必要ないと考える学生もいる事でしょう。
確かに、抱える案件が多いこともあり、英語を使わない部署も存在しますが、キャリアを築く際に海外経験・海外案件の対応への有無などが、評価基準に考えられることもあり、英語力は企業が求めずとも伸ばすべき能力であると言ったケースは多いと思います。
 
実際に企業に所属して、英語がなければ仕事が出来ないと感じ必死に勉強する方がいる一方で、英語力が伸びずに退職するといった方がいるケースも散見されるので、コンサルタントとして働く際には、英語などの語学力は無くてはならないスキルなのです。
 
そして、コンサルタントという業務は、専門的な知識やクライアントの業界の事を知らなければ仕事になりませんので、学ぶ事が多くなり語学力アップに時間を費やすのも大変になります。
 
学生時代から、しっかりと語学力を伸ばすことや海外で経験を積んでおくことで、下準備ができ採用後にも、業務に付いていきやすくもなりますので、語学力アップを図るとしたら学生時代に行っておくことをおすすめします。
 

まとめ

 
コンサルという業界は、様々な企業のプロジェクトに加われるため、やりがいを感じられる仕事として、就活生からも人気の高い業界だと言えます。しかし、求められる能力は非常にハイレベルであることを忘れてはいけません。専門的な知識を養うだけでなく、高い英語を初めとする語学力を使ったコミュニケーションスキルなど非常に高いレベルが求められますので、しっかりと使えるレベルまで引き上げて就職活動に臨むことが大切です。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約