英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語習得することでインターンシップ採用も有利になる?

2022/07/02

英語習得することでインターンシップ採用も有利になる?

 
大学生にとってインターンシップの活用は、企業アピールにもつながる事もあり、志望する企業のインターンに採用されたいと考える学生も多いと思います。今回は、英語習得することでインターンシップ採用も有利になる?についてお伝えします。
 

インターンシップ採用も能力が問われる?

 
様々な企業が採用しているインターンシップですが、募集人数も限られているため応募したからと言って採用される訳ではないのです。
 
書類選考や採用試験に面接をクリアし、合格を経て、インターン生として企業に属することが出来るのです。従って、自身が働きたいと考えている企業や希望する業界で働くにも、周りの応募者よりも採用したいと感じる人材である必要性があります。
 
インターンシップで採用されることにより、企業での実践的な働き方や必要なスキルを知れるといったメリットを得られます。
 
また、企業によってはインターンで採用された人材が就職活動でアドバンテージを得られるケースもあるとされていますので、希望企業への応募自体が大切でもあります。
 

インターン採用のチャンスを増やす英語力

 
インターンを活用している企業の中には、英語力の有無を採用基準に設けているケースがあります。例えば、大手企業や外資コンサルに有名商社では、TOEIC700点以上や日常英会話レベルの英語力が必要など基準を設定し、選考されているので事前準備が大切となります。
 
また、国際化が進む現代社会において、英語力をインターンや就職採用の基準に設けてはいなくても、英語を多用する業種も少なくはありません。何も知らずに就職して、高い英語力が必要な部署に配属され焦るケースも多いのです。
 
このような情報を事前に仕入れるためにも、インターンで採用され社会を知るということが重要でもあるのです。そして、英語力が高いほどインターンで採用されるチャンスも増えますので、しっかりとアピールできる英語力を養っておくのも大切となります。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の基礎となる構造や規則を理解することにより、英語総合力を向上させることができます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
英語習得が人生全ての景色を変えてくれるとまでは言いませんが、人生の岐路で役立つスキルとなってくれることには違いありません。自身をアピールするスキルとして、企業内で任せられる仕事の幅を広げるなど、チャンスを掴み取る能力としては大事なポイントとなります。インターンで採用されたいや、企業就職を上手く乗り越えたいと考えた場合や、就職後のキャリア戦略においても重要なスキルとなってくれますので、英語習得に向けた学習に励むことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約