英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語力アップ必死!新卒で外資コンサルへの就職に必要なこと

2022/07/02

英語力アップ必死!新卒で外資コンサルへの就職に必要なこと

 
BCGやマッキンゼー・アンド・カンパニーといった大手外資コンサルへの就職を目指す学生にとっては、採用されるためにはどのようなポイントでアピールすると心象が良く見えるのかなど考えることでしょう。今回は、英語力アップ必死!新卒で外資コンサルへの就職に必要なことについてお伝えします。
 

新卒で外資コンサルへの就職に必要なこと

 
大学生の進路として就職を選択する方が多いでしょう。その際に、有名企業や大手企業にベンチャーなど様々な企業から選択し、自身のやりたい事を仕事にすると思います。営業職なのかクリエイティブな仕事なのか職種幅も非常に広く、企業も数多く存在するので、悩む学生が大半でしょう。
 
特に、外資コンサルの様な募集人数よりも遥かに応募が多い企業では倍率も高いため、非常に難関だとされています。下手すれば有名大学への進学よりも難しい可能性すらあります。
 
しかし、自身の意中とする企業へ採用してもらうためには、どうするべきかという問題に行き当たります。ここで重要なのは、企業がどういった人材を求めているかを、まずは理解することです。企業にはそれぞれ求める人材像があるため、その企業にあった人材でなければ幾ら有名大学出身者であっても面接などで不合格となることは珍しくはありません。
 
外資コンサルであれば、コミュニケーション能力や分析力に語学力といったいくつかのスキルが業務で必須となるため、その能力が即戦力か成長の見込みがあることを伝える必要性が大切です。ただし、成長の見込みと言っても語学力が明らかに低いやコミュニケーション能力も対日本人だけでなく外国人社員やクライアントとのやり取りも必要なので、求められる能力は決して低くはないということは知っておきましょう。
 

外資コンサルでは英語が必須!

 
外資コンサルに就職を目指す学生の中には、採用試験や面接でそう英語力を測られることもありませんので、就職後に実際に必要となる英語力に気が付かされるケースが多いとされています。
 
そして、日常業務を遂行しながら英語力を伸ばさなければならないと感じ、勉強し直すといった方は大勢います。しかし、仕事が忙しくなればなるほど語学学習に時間が割けなくなる方も多いので、学生時代に対策しておくべきでもあるのです。
 
また、この際にどの程度の英語力が必要なの?といった疑問を抱く学生も多いことでしょう。まず英語4技能が高いレベルで操れることが理想です。実践で使うリアルな英語力が知りたいという学生は、インターンシップなどで有名外資コンサルなどの企業に応募してみると良いでしょう。そこで採用されることで、実践の英語や先輩社員から情報を聞けるので、就職までに伸ばすべき英語力の実体も明確になり、英語学習も効率的に行えるようになります。
 

まとめ

 
人気の高い就職先への採用を目指す学生にとって、自身をアピールするための内容は、企業が求めている人材像にどれだけ寄り添えているのかが重要です。
企業にメリットがあると感じられる人材を雇用したいと考えるのは当然のことですので、どのような能力が必要とされているのかインターンなどを活用し明確にすることが重要です。そうして知った情報を元に必要とされる能力を伸ばしていきましょう。特に英語などの語学力は学生時代の時間を有効活用すれば伸ばせる能力ですので、早くから取り組み実用レベルまで引き上げることをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約