英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

外国人労働者の雇用が多い製造現場で高めたいスキルは英語

2022/07/02

外国人労働者の雇用が多い製造現場で高めたいスキルは英語

 
日本で働く外国人労働者の多くは、製造業で雇用されています。通訳やエンジニアなどの業務に付く外国人労働者もいますが、その割合は製造業に比べると低くなります。今回は、外国人労働者の雇用が多い製造現場で高めたいスキルは英語についてお伝えします。
 

製造業で雇用される外国人労働者

 
厚生労働省の発表によると、外国人労働者数は約172万人(2021年度)と過去最高を記録しています。産業別の雇用状況をみると、「製造業」が 19.3%、「卸売業、小売業」が 18.1%、
「宿泊業、飲食サービス業」が 13.9%の順となり、製造業の現場では外国人労働者が多い傾向にあります。
 
参照:厚生労働省 「外国人雇用状況」の届出状況まとめ
 
外国人労働者を雇用する企業としては、採用から働き口でのコミュニケーションについて考えていけなくなるケースは増えています。外国人労働者の不満なども、ニュースなどに取り上げられることも多く、その隔たりは今後無くしていかなければならないとも考えられているのです。
 
そもそも、日本では少子高齢化による労働人口の割合が減ることが予測されています。諸外国の働き手を招き入れなければ、労働力が賄えなくなる・利益を上げることが難しくなるなどの問題を抱えている事もあり、外国人労働者を雇用する現場ではコミュニケーションをしっかりと図れるようにすることも重要だと考えられているのです。
 

製造現場で高めたいスキルは英語

 
言葉のコミュニケーションが取れないとストレスは溜まるものです。
これは、日本人が外国へ渡航した時に自身の言葉が通用せずに、不安になる感覚と同じで、他国から雇用している外国人労働者にとっても、文化の違いや言葉の違いはストレスを感じる原因にもなります。
 
そこで、企業で英語力が上がっていれば、外国人にとっても働きやすく感じる現場にもなるのです。語学コミュニケーションの重要性は、文化や歴史といった問題以前の会話ですので、日常的な話が出来るだけでも気持ちは違います。
 
また、言葉の隔たりを無くすことが、仕事への姿勢やモチベーションアップにもつながり、トラブルを未然に防ぐことにも繋がりますし、生産性もアップすることが予測されます。
 
そういった意味から、製造現場などでも語学力を伸ばすことがメリットにもつながりますし、キャリアチェンジなどを考えた際にも、自身の語学力を押し出して挑戦できるといった要素にもなるのです。
 

まとめ

 
外国人労働者の雇用は、今後さらにさまざまな分野で増えていくことが予測されます。
しかし、言葉の壁があることで外国人との摩擦やコミュニケーション不足により、お互いが不利益を被る可能性すらあります。言葉の壁を取り払うことで、より良い環境を提供することも出来るでしょう。そして、それが企業にとっても利益向上に繋がる可能性もあるのです。英語スキルという言葉一つで、日本人と外国人労働者の隔たりを少なくできるということを、もっと真剣に考えていく時代が来たのかもしれません。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約