英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

外資コンサルなどチームで動く企業で必要な英語について

2022/07/02

外資コンサルなどチームで動く企業で必要な英語について

 
同じ業界であっても会社の形態や部署の働き方にも、違いが生じることは多々あります。部署を飛び越えても企業として連携されているケースや一人ひとりで仕事を完結させるケースなど企業によっても違います。今回は、外資コンサルなどチームで動く企業で必要な英語についてお伝えします。
 

個で動く企業とチームで動く企業

 
この世の中には沢山の企業が存在し、企業・人材によっても働き方は様々だと思います。例えば、個の動きに自由度を持たせ一人ひとりの成果を評価するケースや、チームとして作業を細分化し情報を持ちより問題を解決するケースなど、企業によっても特色があります。
 
個で動く企業の特徴としては、雇用人数が少なく一人で熟さなければならない仕事が多いといった印象が強いですが、一人ひとりの能力が非常に高くなければ成立しない傾向にあります。
 
チームで動く企業は、様々な情報を持ちより、問題解決のための案や実行に移すまでのアイデアを沢山持てるため、リスク回避にも繋がり結果を残せる可能性が高い手段だと考えられます。特に大手企業や外資コンサル業など従業員数が多いだけでなく、扱う案件が大きい場合には、チームで動くケースが多いとされています。
 
それぞれ、メリットがありますが、個では対処しきれない程の仕事量が多いケースもあり、一人に負担が掛り過ぎることも問題となるケースが増えているので、企業としてはチームを組んで連携を取った作業の進め方が効率的と判断されるケースが少なくはありません。
人材が枯渇している企業やチームをまとめるリーダーシップを発揮できる人材がいない企業では、チームで動くことは難しいですが、仕事の効率化やリスクヘッジを考えると、チームで動けることは重要とされています。
 

チームで動く際に必要な英語

 
外資や大手企業になると、チームを組む際に国内企業のスタッフだけでなく、海外支社のスタッフがチームに加わる事もあるので、英語などでのコミュニケーション能力が必要不可欠となるケースが多いのです。
 
もちろん、国内にも外国人社員がチームに含まれる事もありますし、クライアントが海外企業や外国人となる事も考えられるので、英語という世界共通言語が使えないと話し合いがまとまらないや、意思疎通が取れず仕事が上手く進まないといったトラブル発生のリスクもあるため、しっかりと語学力アップもしなければなりません。
 
チームで動く際に、間違った意味合いで伝えてしまえば、トラブルに繋がるケースは多く、チームリーダーになる人材だけでなく、社会人として英語力アップが、重要視されるケースは増えていくことでしょう。
 

まとめ

 
外資コンサル問わず、企業ではチームで動くことで効率よく仕事を円滑に進められるといったケースは多いので、リーダ素養を伸ばす事も大切です。そして、グローバル化の進む現代においては、海外支社のスタッフや外国人クライアントともコミュニケーションを図れなければならないシーンも増えています。しっかりと英語力を伸ばすことが仕事をより効率よく進められる手段であるため、英語習得に励むことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約