英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

外資コンサルのDTCやアクセンチュアの転職で大切な英語力

2022/07/02

外資コンサルのDTCやアクセンチュアの転職で大切な英語力

 
キャリアチェンジを考える社会人にとって、人気の高いコンサルタント業界ですが、募集も頻繁に行われている印象も強いと思います。しかし、採用されるためには社会での経験や能力を秤に掛けられます。今回は、外資コンサルのDTCやアクセンチュアの転職で大切な英語力についてお伝えします。
 

外資コンサルへの転職について

 
コンサルタント業界への転職を考える社会人の方に求められる能力として考えられるのが、論理的な思考能力とコミュニケーション能力が必要不可欠とされます。業界の基本的な知識などは、就職後に少しずつ覚えていけば良い能力もあるのですが、コミュニケーション能力などは既に養っていなければ、採用基準に満たないと判断されるケースも多いので、業界で必要とされる能力は備えておかなければいけません。
 
コンサル業界では資格についてもあまり重要視されることはありません。
それでも、外資コンサルのDTCやアクセンチュアなどの有名企業となれば、簡単に転職者が採用される訳でもありませんので、MBAなどのビジネススキルを身に付けたり、英語などの語学力といった、どのような企業でも必要視されるスキルは、コンサル業でも活用できるため習得を目指し採用される可能性を高めるのも重要です。
 
また、総合コンサルであれば前職などの知識や経験も活かせることもあり、自動車、医療、公共、金融、エネルギー、通信、メディア、消費財やIT関連などの幅広い部門で自身の経験が力ともなります。
 

転職で大切な英語力

 
外資コンサルといえば、会社内の外国人社員や海外のクライアントにパートナー会社とのつながりなど、多くの人との関りがある仕事をすることにもなるため、英語といった世界共通言語が必要となるケースが多いとされています。
 
企業によってはグローバル部門など英語をメインとして活用する部署や文章やメールなどでたまに英語を使用する部署など、部署によっても英語の使用頻度も違うとされていますが、昇進などキャリアアップを図る際には、確実に英語力は必要不可欠となりますし、転職採用となれば、語学力面もビジネスレベルで操れる人材の方が採用される可能性も高まるので、英語力もポイントとなります。
 
TOEICスコアの基準が設定されているケースもありますが、大抵はコミュニケーションを英語で図れるレベルが必要とされる傾向が強いので、外資コンサルへの転職を目指す際には、語学力アップにもチャレンジしておくべきと言えます。
 

まとめ

 
キャリアアップやキャリアチェンジの転職を考える社会人にとって、より良い待遇ややりがいを感じられる外資や大手企業などへの就職を考えると思います。しかし、自身の能力値が低ければ採用されることは難しくなります。自身の経験や知識、コミュニケーション能力に語学力といった、どのような企業でも必要とされるような能力を養っていくことが良い転職にも繋がりますので、しっかりとレベルの高い能力アップを行い挑戦していくことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約