英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

外資コンサルのマッキンゼーやBCGのインターンで学ぶ英語

2022/07/02

外資コンサルのマッキンゼーやBCGのインターンで学ぶ英語

 
外資系コンサル企業への就職希望をする学生にとって、企業ではどれぐらいの英語が必要になるのか?といった疑問を抱くケースは少なくないと思います。今回は、外資コンサルのマッキンゼーやBCGのインターンで学ぶ英語の重要性についてお伝えします。
 

外資コンサルではTOEIC何点必要?

 
外資コンサルへの就職を目指す学生にとっては、マッキンゼーやBCGといった名立たる大手外資コンサルに就職したいと考えた際に、コンサルの知識だけでなく英語力も必要になるのは考え付くと思います。
 
就職活動を有利にするTOEICスコアなどが700点以上と言った情報を目にする機会も多く、企業の採用基準に設定されている事もあるのですが、実際にはどの程度の英語が業務で使われているのかまでは把握できません。
 
そのため、スコアを獲得でき企業に採用され、業務レベルの英語を体感した瞬間に、絶望を感じる学生も少なくはないでしょう。電話対応や外国人社員とのコミュニケーションを英語で行うなど、そのギャップに面を食らい環境になじめず退職するケースも少なくはないのです。
 

インターンで学ぶ英語の重要性

 
就職してから英語の実用性を知り、その重要性を感じてから学習をするという方もいますが、社会人になってすぐに業務に必要な知識を蓄えながら英語学習も同時に行っていくのはかなり辛いと感じることでしょう。
 
しかし、その英語力がどの程度必要であるかということを学生時代に知っていれば、就職前に学習する時間を確保することは可能です。そうして、企業に内定を貰い働き出した時には英語力で不安を感じることがなければ、安心して仕事に邁進することもできます。
 
そういった情報を仕入れるためには、実際の職場を体験することが重要です。
学生にとってはインターンシップを活用することで、職場体験したり先輩社員へ質問し、業界で生き抜く術やスキルの重要性を教えてもらうことができます。
 
実際にどういった英語力が必要になるかも先輩から聞けますし、職場で飛び交う会話などを見聞きするだけでも、そのレベルも測ることができます。そして、職場体験することで、自分に足りない英語力がスピーキング・リスニング・リーディング・ライティングなのかも明確になり、能力を高めるための指針を作ることも可能です。就職活動までに伸ばすべき英語力が見えてくれば、より英語学習の方向性も決めることができるでしょう。
 

まとめ

 
外資コンサルなど英語が頻繁に使われるといった印象が強い企業であっても、実際にどのレベルの英語力が必要となるのかは学生にとっては未知数な面が強いでしょう。
就職活動中は、TOEICスコアなどを気にする学生も多いと思いますが、実践で必要な英語力に仕上げなければ、採用後に苦労することになります。従って、インターンを活用し、その業界や企業で必要な英語力を確認し、自身の英語力を伸ばしていくことが就職後の安心にも繋がるのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約