英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

外資系「アフラック生命保険」への転職に必要な英語力は?

2022/07/02

外資系「アフラック生命保険」への転職に必要な英語力は?

 
がん保険や終身医療保険、介護保険などを提供している大手外資系の「アフラック生命保険」。世界初となる認知症をカバーできる保険も扱っているなど、がん保険の契約保有件数は1位となっています。
 
そんな外資系「アフラック生命保険」ですが、外資系ということもあり、転職を考えている方にとって英語力がどれくらい必要か気になりますよね?
 
今回はアフラック生命保険へ中途採用での転職を目指す方に向けて、選考フローや必要な英語力がどのくらいなのかご紹介していきます。
 

外資系「アフラック生命保険」の中途採用選考フロー

 
まずは、アフラック生命保険の選考フローから見ていきましょう。
 
1.応募
2.書類審査
3.WEB筆記試験
4.面接(複数回)
 
面接回数は部署によって異なりますが、通常は2回ほど行われるようです。
 
アフラック生命保険の中途採用の選考では、すべての部署において金融業界や保険業界での実務経験が求められることが多く、即戦力となる人材かどうかが重要なポイントとなるようです。
 
面接では専門知識の内容よりも「苦手な人はどのようなタイプか?」といった応募者の素質を測るような質問がされます。また、志望動機も同様に聞かれる質問なので、企業研究はもちろん競合企業もリサーチして、「なぜアフラック生命保険を選んだのか?」という点は明確に伝えた方が良いでしょう。
 

外資系「アフラック生命保険」の選考で必要となる英語力は?

 
アフラック生命保険の中途採用の選考では、同職種への実務経験やコミュニケーション力などに重点を置かれていて、「英語力=最重要なスキル」ということではないようです。
 
入社後も部署によっては英語を使用しないこともあるでしょうが、海外と関わりが深い部署に配属された場合、英語力は必要不可欠ですし、入社後ステップアップしたいと考えているならなおさら英語力は磨いておいて損はありません。
 
入社が決まった際は、ビジネス英語や会話に必要な英語力を身につけたり、TOEFLなどを受けて英語力を証明していくのも良いでしょう。入社後、よりステップアップしていくためにも、ぜひ英語学習に力を入れてみてくださいね。
 

まとめ

 
外資系のアフラック生命保険は知名度も高く、大手なので転職先としても人気が高いです。中途採用の選考では、これまでの実務経験などを確認されることが多いですが、入社が決まった後は英語力も大事なポイント。
 
よりステップアップしたいという方は、TOEFLなどの受講を視野に入れつつ、計画的に英語力向上を目指してみてください。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約