英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

丸紅などの商社で就職に影響する英語。その後、求められる英語力

2022/07/02

丸紅などの商社で就職に影響する英語。その後、求められる英語力

 
丸紅や伊藤忠商事などの商社は、学生に就職先ランキングでも人気の高い企業です。そのため、倍率も高く内定をもらうのも非常に難しいとされています。今回は、丸紅などの商社で就職に影響する英語。その後、求められる英語力についてお伝えします。
 

商社で内定するためのアピールポイント

 
日本の5大商社である三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・住友商事・丸紅は、学生の就職先としても人気が高く、倍率も高く簡単に内定を貰えるような企業ではありません。
 
さまざまな大学の優秀な学生が応募するため、企業が欲する人材像として採用したいとアピールできなければ、内定を貰うのも困難です。
 
では、商社ではどういった人材を欲しているかというと、業務において事業構想力と実行力に高い倫理観。そのポテンシャルがあるか?本質的な能力を兼ね備えているか?といった面を見ている傾向にあります。
そして、どの企業でもポイントとされているのが「自律的に成長できる人材」が重要だとされています。こうしなさい。ああしなさい。ではなく、自身で打開できる能力。考える能力が重要であるという事です。
 
また、商社という業種柄「語学力」についても、重要だと考えられています。
TOEICの700点以上は必要だとされ、また、英語でのコミュニケーション能力が必要となるため、TOEICの700点以上に大切なのは英語総合力であると考えられるのです。
 

商社での内定前の英語と内定後の英語

 
商社で内定を貰うためには、アピール材料が重要でもあるでしょう。例えばTOEICの900点であったり、海外留学経験が1年以上あるなど、他者とは経験値が違うという事が、面接官の目にも止まることでしょう。もちろん、これらの要素はプラスに働く事はあっても、その面だけで内定をもらえるほど甘くはありません。
 
また、仮に内定を貰ったあと、企業に配属されると英語という面で見れば、専門的な知識を交えた会話やクライアントとの商談や交渉など遥かにレベルの高い英語を操らなければならないというケースが多いため、英語は専門的な知識の単語を覚えていないまでも、流暢に操れるレベルまで引き上げる必要性があります。
 
入社後に語学面を伸ばそうとしても、商社の様な仕事量の多い業界では、語学学習などに時間を費やすのも難しくなりますので、就職活動以前に引き上げておくべきだと言えるのです。
 
そうすることで、就職活動でもアピール材料にもなりますし、入社後に語学面で苦労する割合も低くなり、任せられた業務を遂行することが容易くなるでしょう。
 

まとめ

 
人気の高い商社への就職を目指す学生は多いですが、採用される人数にも限りがあるため、周りの学生より優秀な人材と成り得ることをアピールしなければなりません。企業が欲する人材像がどういった人材なのか見極める事も重要です。
英語などの語学面においても、アピール材料にはなりますが、民間英語試験のスコアアップだけでなく、その先の使う英語までを意識して能力を上げなければ、商社では厳しいという事も知っておきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約