英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

丸紅に入社する際の英語力!どれくらい必要なの?

2022/07/02

丸紅に入社する際の英語力!どれくらい必要なの?

 
丸紅は、国内に12拠点、海外に56拠点があり、化学製品や食料、金属などの事業を展開する総合商社です。今回は、丸紅に入社する際の英語力!どれくらい必要なの?と題して丸紅の入社要件について解説します。
 

丸紅の基本情報

 
丸紅は、食料や農業、金属や科学などの素材、電気などのエネルギー、モビリティや不動産など幅広い分野で活躍している総合商社です。多くの分野で売上を上げていますが、一番の柱となっているのが金属分野で、2番目に売上の多い事業は農業分野となっています。
 
1949年12月1日に設立され、本社を東京都千代田区に置いている企業。
拠点数は、国内に12箇所、海外に120箇所の合計132箇所存在します。
連結対象会社数は、子会社315社で関連会社が148社にのぼり、従業員数は、単体で約4,370名、連結では約46,100名在籍している超巨大な企業です。
 
近年、サステナビリティへの取り組みにも力を入れており、具体的には気候変動、水、汚染、森林、生物多様性などの分野にも積極的に取り組んでいます。
 

丸紅の入社に必要な英語力

 
丸紅の入社には英語力を身に付けておくと良いでしょう。
外資系企業の採用試験でよくあるような、英語面接や英語エントリーシートを提出するような試験はありませんが、グローバル企業であるため英語力があると入社の際にアピールポイントにもなります。
 
もちろん、商社では採用後に英語を多用する部署もありますし、英語の書類を目にする機会も多いので、英語力が低いと苦労するケースが多々あると言われています。
 
また、商社という業界では海外出張や海外派遣も多く、海外で商談・交渉といった業務を受け持つ事も少なくありませんので、語学力アップは学生時代から行っておくと良いでしょう。
 

丸紅で求められる人材像

 
丸紅の入社には、英語力以外にも必要になります。
丸紅の採用を担当する人事部長の言葉を読み解くと、次のような人物が丸紅には求められています。
 
1つ目に変化のスピードに適応出来る人物です。現在の世の中は、ものすごいスピードで変化していきます。その中でも変化へ対応し、成長出来る人を求めています。
2つ目に、多様性を受容出来る人です。宗教や人種、国籍、性別にとらわれず、お互いを尊重し合って仕事が出来る人が必要とされています。
3つ目に大きなビジネスに挑むチャレンジマインドを持っている人です。大きな舞台で自分を磨き、挑戦したい人が求められています。

参照:丸紅 人事部長メッセージ
 

まとめ

 
ここまで、丸紅についてまとめてきました。
商社で働くために必要となる能力は、専門的な知識だけでなく、語学力やコミュニケーション能力など数多くのスキルが求められることになりますので、学生時代からしっかりと伸ばせる能力を伸ばし、採用試験に挑戦していきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約