英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

興味がなくてもインターンに参加すべき?実践英語を知るチャンス

2022/07/02

興味がなくてもインターンに参加すべき?実践英語を知るチャンス

 
就職活動を控える大学生などにとって、社会を体験する場として考えられるのがアルバイトですが、より専門的な企業で働いてみたいと考えた際に活用できるのがインターンです。今回は、興味がなくてもインターンに参加すべき?実践英語を知るチャンスについてお伝えします。
 

アルバイトとは違うインターン

 
アルバイトをする学生は多いと思いますが、アルバイトであっても責任感を持って業務にあたることが大切となりますが、それでも、一つのミスが企業全体を揺るがす問題に発展するような事は、滅多に起こりません。
 
しかし、社会人となれば一つのミスが企業の大きな損失に繋がる事例も多いこともあり、アルバイトの様なオペレーションの一部のみの仕事に従事するタイプとは異なります。
 
アルバイトに責任がないや作業が簡単という訳ではありませんが、その役割の負担は、社会人として働く環境とは異なるケースが多いのです。
 
そのため、就職活動を控えた学生にはインターンを活用し、本当の企業・職場を体験することで、より社会人としての意識が芽生えることにもなります。
短期間ではありますが、インターンでは先輩社員などからの言葉や実際の働く現場で必要となるスキルを目の当たりにすることができるため、よりアルバイトとは違う社会を実感することもできます。
 

興味がなくてもインターンに参加すべき理由

 
学生にとっては、社会はアルバイトで経験しているからなんとなく分かるという声も聞こえますが、実際に社会に出て企業に属すると、多くの能力が必要とされる事になります。
また、能力に応じてより広い業務に従事することにもなるため、社会に出て勉強することが無くなるということもありません。
 
そして、昇進や昇給を目指すことになれば、必然的に企業で結果を残さなければなりません。しかし、能力が低く成果を残せていない人材には、そういった声は掛りません。
また、日常業務で忙しくて勉強する時間すらないという社会人も少なくはありません。
 
そのため、学生時代のスキルアップが非常に重要でもあると言えるのです。
なぜなら、授業以外の時間というのは自由に時間を活用できるため、スキルアップの時間へと費やすことが可能となるので、自分が進む進路の企業では、どういったスキルが必要なのか?どういった能力が使われているのか?をインターンで体験・確認し、自身に足りない能力を成長させる時間に割り当てることで、就職後に苦労するポイントを減らすことも出来ます。
 
英語力などがその最たる例です。
就職活動中にTOEICスコア何点以上がなければ応募基準を満たさないなどの設定をする企業もありますが、そのスコアを獲得し採用され安堵していると、配属された部署ではTOEICスコア以上に高い英語力が必要となり困る社会人も少なくはありません。
 
このような問題を回避するには、実践でどのレベルの英語力が必要なのか明確にする必要性があるのです。そのレベルを見るためには、実践の場を活用するしかありません。自身がインターンに魅力を感じないという学生であっても、将来的には就職活動することになります。情報集めはネットだけで現場を見ずに考えていると、失敗にも繋がるので気を付けた方が良いと言えます。
 

まとめ

 
就職活動を控えた学生にとっては、仕事や業界を知ることのできるインターンは活用すべきコンテンツです。自身の興味のある企業や業種を間近で見ることで、どのような能力が必要なのか明確にも出来ます。もちろん、希望とする業種が曖昧となっている学生も活用することで、働くことや仕事について知れる情報は多いので、就職準備として利用することをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約