英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

空に飛び交う旅客機の交通整備をする航空管制官に必要な英語力

2022/07/02

空に飛び交う旅客機の交通整備をする航空管制官に必要な英語力

 
航空機が安全に離着陸し、国内外の目的地へ向かって空を飛ぶ飛行機のパイロットに指示や情報を伝える業務をする航空管制官。空の安全を守る仕事です。今回は、空に飛び交う旅客機の交通整備をする航空管制官に必要な英語力についてお伝えします。
 

航空管制官になるには?

 
航空管制官になるためには、大学・短大・専門学校などを卒業後に、人事院が実施している航空管制官採用試験(大卒程度)を受け試験合格を目指します。その後、航空保安大学校(大阪府泉佐野市)で座学やシミュレーターを使った基礎研修を8ヶ月間受けます。
 
そして修了過程を経て、晴れて国家公務員である航空管制官へ採用され、全国各地の空港や札幌・東京・神戸・福岡にある航空交通管制部に配属されます。
 
航空管制官は、飛行機が安全に離着陸出来るように、指示や情報をパイロットへ伝える仕事となります。地上の管制塔やレーダー室に入り、無線やレーダーを利用することで刻々と変わる状況を把握し、他の航空機と事故が起こらないように指示を与え交通整備する仕事です。
 
他の旅客機などだけでなく、天候変化にも管制官はフライト中のパイロットと連絡をし、具体的な情報を与え安全に離着陸できる様に指示を出します。
 

航空管制官に必要な英語力

 
航空管制官になるための航空管制官採用試験では、一般的な国家公務員試験の基礎能力試験に加え、英語でのリスニング試験や面接もあります。
 
また、航空管制官として働くことになれば、コミュニケーションを図れる英語力は必要です。
 
航空管制官とパイロットの通信はすべて英語で行われるので、フライト中のパイロットに正しい情報を与えられる会話ができる英語力は不可欠となります。
そして、トラブルなどが発生した際には、間違った情報を与えてしまえば危険が増してしまうので、航空管制官としてのスキルだけでなく語学力アップも非常に重要です。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る英語力を養うためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化され、英語総合力を向上させることが出来ます。
ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
空の交通整備を行う航空管制官は、人気の高い職種でもあります。
また、航空管制官と採用されることになれば、空の安全を守る立場でもあり、責任感を伴う仕事ですので、日々成長が求められ、やりがいも感じられることでしょう。
また、高い英語力などの要素を伸ばさなければならない職業ですので、早くから英語学習に取り組み、緊迫した場面でも落ち着いて正しい情報を届けられる英語力を身に付けておくことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約