英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

国内コンサルのベイカレント・コンサルティングで必要な英語

2022/07/02

国内コンサルのベイカレント・コンサルティングで必要な英語

 
外資コンサルの参入が多い日本ですが、野村証券グループの野村総合研究所や日立コンサルティングなど国内コンサルも就職希望者が多く人気の高い就職先です。今回は、国内コンサルのベイカレント・コンサルティングで必要な英語についてお伝えします。
 

国内コンサルのベイカレント・コンサルティングについて

 
ベイカレント・コンサルティングは、1998年に創業され、設立当初はシステムインテグレーターとして、IT事業を中心にビジネス展開をしていました。そして、2004年よりコンサルティング領域へ進出した国内コンサルティング企業です。
 
本社は、港区虎ノ門の虎ノ門ヒルズ森タワーにオフィスを構え、従業員数は約2,800名。
Forbes誌「Asia’s 200 Best Under A Billion(2018・2021)」で、アジアの優良企業200社にも選ばれ、世界的にも注目されている企業となります。
 
あらゆる業界に対す戦略コンサルティング、業務コンサルティングなど、総合的なサービス展開し、外資戦略トップファームを中心に、大手ファームからの参加依頼も多く、国内総合コンサルティン企業としての地位も確立しています。
 

ベイカレント・コンサルティングで必要な英語

 
ベイカレント・コンサルティングでは、グローバル案件への参画を希望するコンサルタント向けに、メンバー選定を目的とした選抜プログラム形式の研修を実施するなど、キャリア構築を後押しするプログラムがあります。
 
ですが、就職前に伸ばしておくべき能力の英語力は、ビジネスレベルの語学力が求められますので、早期対策が必須です。
企業に配属されれば、外国人の社員やクラアントとの会議やプレゼンテーションといったシーンでは、英語でのコミュニケーションを図ることにもなります。また、メールに書類なども英語での記載があれば、それを読み解く語学力が必要となります。
 
就職後に伸ばそうとしても、コンサルタントとしての知識を付けることで一杯一杯になり兼ねませんので、学生時代から学習ができる語学力アップに時間を費やし、ビジネスレベルの英語力を養っておくことも重要です。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することで英語総合力を向上させることが出来ます。
英語を多用する企業への就職を目指す学生はLIBERTYの英語プログラムを体験してみてください。
 

まとめ

 
国内コンサルのベイカレント・コンサルティングは、世界的にも注目されている企業の一つです。国内だけでなく、海外進出などのグローバル戦略での業績も残す人気企業です。
戦略コンサルティング機能の強化を積極的に行っている企業でもありますので、成長を望む学生に取ってもやりがいのある仕事が任されることでしょう。
そして、就職を目指す学生は、コンサル業界で求められる英語などのスキルアップを行い、採用される努力を怠らないことが大切になります。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約