英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

専門的な分野が多いコンサルタント業界では英語力も必要!

2022/07/02

専門的な分野が多いコンサルタント業界では英語力も必要!

 
コンサルタントという業種は、クラアントや顧客の企業の発展や成長をサポートする職業ですが、戦略的コンサルやITコンサルなど分類が分かれています。そして、必要な能力も多数ある仕事です。今回は、専門的な分野が多いコンサルタント業界では英語力も必要!についてお伝えします。
 

コンサルタントの分類

 
コンサルタントは、企業の業績アップやM&Aなど、改善点を経営者に指摘または指導し、改善策を起案し、実行に移すサポートをする業務を担います。
 
また、コンサルタントには、戦略、財務、M&A、IT、人事、マーケティング戦略、新規事業立案、SCM、CRMなど専門的に特化した領域・テーマに対するコンサルティングを提供するため、それぞれ専門的な知識が必要とされます。
 
・戦略コンサルタント
経営戦略策定・戦略立案からM&A戦略に新規事業やマーケティングなどを主に行い、企業の収益アップに貢献する。
 
・財務コンサルタント
クライアントが目指す目標の達成や経営問題の解決のために財務機能が抱える課題を解明し、解決する。
 
・M&Aコンサルタント
M&Aの相談や調査・交渉など、M&Aの一連の流れをサポートする。M&Aの案件に特化して受注・アドバイスを行う業務となり、買収先や売却先からの相談から契約を代理で行う。
 
・ITコンサルタント
企業のITシステムの設計・構築・導入を行い、企業の業務改善をサポートする。
 
・人事コンサルタント
企業の人事に対して、制度や育成・研修などを行い社員のスキルアップや優秀な人材の雇用をサポートする。
 
これらはコンサルタントの分類の一部となります。
専門的な知識が必要となり、業界・業種に特化したコンサルティングをすることになります。非常にレベルの高い人材でなければ信用を得られない傾向も強いため、ビジネススキルが求められる業界でもあるのです。
 

コンサルタント業界では英語力も必要!

 
コンサルタントは、外資・国内と企業形態も様々ですし、顧客となるクライアントも国内企業だけでなく海外企業との契約もあります。そのため、コミュニケーションを図るためには英語力が必須でもありますし、大手コンサルティングファームなどでは外国人社員も在中しているので、英語という世界共通言語が使えなければならないケースが非常に多い仕事です。
 
コンサルタントという業界への就職を目指す学生にとっては、TOEIC700点以上が目安とされる傾向が強いのですが、大抵は就職後に業務で必要となる語学力がさらに高いレベルで必要となることに気が付くケースが多いと言われています。コミュニケーションレベルの英語力が必要となり、就職後に英語を学び直すという方も少なくはないので、英語学習も使える英語力に意識を向けていくことをおすすめします。
 

まとめ

 
企業の経営などに対する改善策を策定し、課題を解決するコンサルタントという業種は、クライアントの業界を知ることやコミュニケーションを図れる語学力などが必要となります。やりがいを感じられる仕事であるため、学生からの人気も高い業界ですので、しっかりと学生時代に伸ばせる能力は向上させ挑戦していきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約