英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

総合商社三菱商事における英語の重要性とその理由について

2022/07/02

総合商社三菱商事における英語の重要性とその理由について

 
日本国内には様々な企業がありますが、三菱商事という名前を聞いたことのある人は少なくないでしょう。
そこで、今回は総合商社三菱商事について、同企業における英語の重要性とその理由について取り上げてみたいと思います。
 

三菱グループに所属する大手総合商社

 
三菱商事は日本を代表する企業の一つで、日本のみならず世界のおよそ90の国と地域にある拠点と、約1700の連結事業会社と協働しながらビジネスを展開している巨大総合商社です。
 
日本初となる株式会社、坂本龍馬の海援隊を後に岩崎弥太郎が受け継ぎ生まれた九十九商会が三菱商事の発端となっており、現在では天然ガス、総合素材、石油・化学ソリューション、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発など幅広い分野を事業領域としており、貿易のみならず、ビジネスパートナーと共に世界中の現場で開発や生産、そして製造などの役割を自ら担っています。
 
また、「組織の三菱」と言われるほど、個人の力以上に組織に貢献できる人材が求められている印象が強いです。
 

英語を使う機会は少なくない

 
日本有数の巨大総合商社である三菱商事は、海外でも事業を展開している関係上、英語を使う機会は少なくありません。もちろん英語が必要ない部署も社内には存在していますが、英語が使えるに越したことはないでしょう。
 
目安としては、様々な企業で利用されているTOEICで860点以上のスコアを記録することができれば、採用でも昇進でも有利に働くとされています。このラインは一般的に多くのビジネスシーンに英語で問題なく対応できる基準と見做されており、三菱商事でも海外赴任をするための最低ラインになっています。
 
もちろん、英語ができれば必ず採用される、会社の戦力になれるというわけではありませんが、一定以上の英語力はやはり重要です。
 

まとめ

 
以上、三菱商事における英語の重要性とその理由について取り上げてみました。
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行っており、短期間で効率的に英語の運用能力を伸ばすことが可能です。
三菱商事などの商社へ就職する場合、高い英語力は必ず大きなアドバンテージになります。将来商社を目指しているものの、英語力に不安のある人はぜひLIBERTYの英語クラスを受講してみてください。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約