英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

避難民をサポートする日本人になりたい!英語が話せるメリット

2022/07/02

避難民をサポートする日本人になりたい!英語が話せるメリット

 
現在も、ロシアとウクライナの戦争が続いています。そして、新型コロナウイルスも未だに鎮静化されているとは言えません。そんな中、日本ではウクライナの難民を受け入れが始まりました。今回は、避難民をサポートする日本人になりたい!英語が話せるメリットについてお伝えします。
 

混沌とする現代だからこそサポート力を上げましょう!

 
いま、世界は混沌としています。
2020年より世界に蔓延した新型コロナウイルスの影響により、世界経済や社会全体が麻痺し始めました。そして、2022年に入り、ロシアとウクライナの戦争が勃発しました。
 
この戦争は、対岸の火事で済ますことはできません。
日本とロシアでも領土問題があることから、この戦争の行く末を考えなければなりません。
また、現在も戦火の真っただ中にあるウクライナをサポートする国の一つである日本にとっては、最善のサポートをすることが大切でもあるのです。
 
現状日本では、ウクライナ難民の受け入れが始まり、ウクライナの人々が日本でも安心して暮らせる様に支援が必要なのです。この支援も言葉の違いや文化の違いなど問題は山積みだと言えます。しかし、少しずつでも変えられ、サポートすることは可能だと考えられます。
 

英語が話せるメリット

 
ウクライナの方々は、母国語をウクライナ語を主としており、ロシア語などが一般的に使われますが、国民の3割程度は英語を理解するという国でもあり、ウクライナの大学ではトリリンガル教育を押し進めていて、英語が全く伝わらないという訳ではありません。
 
これから避難してきた方々は、日本での生活を続けることになり、就労なども考えていかなければなりません。そして、日本で働くことになれば、言語のコミュニケーションを図る必要性があります。
 
ここで、日本人がウクライナ語やロシア語でコミュニケーションを図るのは、かなりハードルが高いでしょう。もちろん、ウクライナ人が日本語を覚えるのにも時間が掛かります。
 
そこで、世界共通言語である英語でコミュニケーションが図れるだけでも、ウクライナ人を雇用する企業のサポートもしやすいと考えられます。また、ウクライナの方を雇いたいと考えている企業や、ボランティアでサポートしたいと考えている方は、英語力を高めていくことでお互いの距離を詰められることでしょう。何か自分たちに出来ることはないか?そう感じている方は、まずコミュニケーション力の土台である英語力アップに励むことをおすすめします。いま、すぐは難しいという方であっても、今後の備えとして語学力アップによりサポートする力が養えるので英語学習に励んでみましょう。
 

まとめ

 
今の世の中は混沌としており、戦争やウイルスなど、問題が山積みです。
しかし、手を差し伸べることが出来る日本人が増えることで、他国との親交も深まることでしょう。サポートを欲している難民は非常に多いのですが、日本の様に母国語が難しい国で生活がガラッと変わった難民には苦しさも感じるでしょう。そこで、文化や語学の隔たりを超えられる英語という語学を活用し、コミュニケーションを図り心の距離を縮めサポートする力を高める事も大事なのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約