英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

AIGジャパン・ホールディングスで求められている英語力

2022/08/01

AIGジャパン・ホールディングスで求められている英語力

 
私たちはがん保険や自動車保険など、様々保険に加入していますが、日本にある保険会社の中には海外資本の保険会社も数多く存在しています。
今回はAIGジャパン・ホールディングスについて、会社の解説と同社で求められている英語力について取り上げてみます。
 

世界保険業界のリーダー

 
AIGジャパン・ホールディングスは70の国や地域で事業展開を行なっている保険会社で、世界中にいる5万人の社員が高い専門性に裏付けられた情熱を持ち、保険の専門家としてクライアントの要望に応えられるサービスの提供を目指し、日々奮闘しています。取り扱っている商品は損害保険、生命保険、そして退職給付など、多岐にわたります。
 
AIGは社内外問わず幅広い繋がりを構築しており、そこから得られる知己を課題解決に活かしていくという他社にはない多様性が強みです。社内でも国籍やセクシャルマイノリティ、家族構成や障害の有無などの違いを受け入れ、尊重する文化が築かれており、社員一人一人が活躍できる環境が作られています。
 
こうした多様性は社内環境の向上のみならず、サービスを提供するクライアントに対する理解やより良い商品の開発、提供にもつながっています。
 

同社で求められている英語力について

 
AIGジャパン・ホールディングスは近年のグローバル化や多様性に対応するために、社内で様々な試みを行なっているのですが、その中には言語と文化の交流を目的としたものもあり、同社でも英語の重要性が高いことが伺えます。
 
AIGでは特に入社に関して英語力の有無は問われていないようですが、将来的なキャリア構築や仕事の幅を広げるためにも最低限の英語力は身につけておきたいところです。
 
例えば、近年様々な企業で昇進条件にも取り入れられているTOEICを受験する場合は、700点以上のスコアを記録できるようにするのが良いでしょう。これは日常的な英会話はもちろん、ビジネスの場面でもある程度英語で対応できる英語力の基準となっています。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを活用して英語教育を行なっています。体系化された英語のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の運用能力を向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、AIGジャパン・ホールディングスで求められている英語力について取り上げてみました。
同社に限らず様々な企業で英語力が求められています。語学が不得手な人には大変な環境かもしれませんが、英語はきちんと学習すれば必ず身に付く技術です。
LIBETRYでは様々な講座を行なっているので、英語学習に不安のある方は是非一度受講してみてください。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約