英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した東京国際大学への編入について

2022/08/01

TOEFLのスコアを利用した東京国際大学への編入について

 
コロナ禍によって生活環境が大きく変わったことをきっかけに、大学へ入り直して勉強する人も増加傾向にあります。
そこで、今回は編入生を受け入れている大学の中から東京国際大学の編入試験について取り上げてみたいと思います。
 

英語教育に定評のある大学

 
東京国際大学は英語教育に定評のある大学で、TOEICなどの英語の試験、資格の受験率、そしてスコア平均点が高い大学として知られていますが、近年はスポーツの分野でも成果を出しており、2022年1月に開催された箱根駅伝では5位入賞を果たしています。
 
東京国際大学の英語教育はワンランク上の英語を学び、グローバル社会で活躍できる人材の輩出を目標としており、1年生からアメリカ直輸入の英語教育プログラムで品格ある英語を身につけ、2年生以降は留学による語学力のレベルアップ、そして英語を活かした専攻学部の専門知識の習得を目指します。
 
また、キャンパス自体が英語や異文化を学ぶ理想的な環境が整っており、留学前から常駐しているネイティブの講師と英会話を楽しむことができるラウンジや、英語学習のアドバスを受けることができるエリアが用意されています。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
東京国際大学では一部の学部、学科で編入試験を行っており、試験を突破することで東京国際大学に2、3年次から編入することが可能になります。
 
ただし、言語コミュニケーション学部を志願している人については英語の資格や試験のスコアを提出する必要があります。利用可能なのはTOEFLやTOEIC、英検などで、英検の準一級以上以外は特にボーダーラインが決められていません。
 
ただし、東京国際大学は留学することが必須となっているので、将来的に必ずTOEFLなどのスコアが必要になります。今のうちにきちんと勉強をして、ハイスコアを取得できるように努力しておくべきでしょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行っています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、英語の4技能、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングについて短期間で効率的に向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した東京国際大学への編入について取り上げてみました。
LIBERTYではTOEFL専用の対策コースも用意しているので、TOEFLの受験について不安のある英語学習者の方はぜひ受講してみてください。
 
参照:東京国際大学

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約