英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEICスコア高得点者ほど実用性のある学習をしている!

2022/08/01

TOEICスコア高得点者ほど実用性のある学習をしている!

 
社会人にとってTOEICスコアは自身の仕事幅を広げるチャンスを得られるものとなります。ハイスコア獲得者であれば、任せられる仕事も多く昇進などの可能性が高まると言われています。今回は、TOEICスコア高得点者ほど実用性のある学習をしている!についてお伝えします。
 

TOEICスコアが低いとチャンスは少ない?

 
就職時にTOEICスコアを提出するケースや年間1回必ず社員にTOEIC受験をさせる企業は増えています。ここでハイスコアを獲得できる社会人は、英語が必要となるグローバル案件の業務を任せられるなど、一般的な社員が抱える業務よりも成果を上げることが難しい反面、業績を残すことで評価が上がる仕事に取り組むケースが多いのです。
 
そのため、TOEICスコア730点や800点以上の方が、企業内で課長以上の管理職に就く割合が高いと言われています。そもそも、TOEICスコア430点程度のスコアでは、コミュニケーションを図れる英語力は持ち合わせていないので、グローバル案件を手がけることは出来ません。仮に、成長のために任せたとして、コミュニケーション不足で失敗すれば、企業イメージは悪くなるだけで、企業としてのデメリット面が大きくなります。
 
従って企業としても、失敗をしない・リスクを負わずに成功に繋がる可能性が高い方に信頼を置くのも正攻法であり、企業として存続するためには重要だと考えられるのです。
現代の国際化にフィットできずにいれば社会人にとって企業に属している限り、昇進などがノーチャンスとなる状況も現実味を帯びているとも思えてきます。
 

TOEICスコア高得点者ほど実用性のある学習をしている!

 
TOEICスコアで高得点を獲得する人ほど、実用性のある英語学習を念頭に置いている傾向が強いと言えます。英語を学習する理由は、TOEICスコアアップがゴールと考えている方の特徴は、単語量を増やすや問題集を沢山解くといったインプット学習に特化していることが多く「英語を使う」を御座なりにしていることが多く感じられます。
 
これが何を意味するかと言えば、英語を使ってコミュニケーションを図るにコミットせずに、覚えるが大事であるといった学習ばかりでは英語力は向上しないですし、英語の本質を突き止められないのです。
 
TOEICの高得点者ほど、英語がコミュニケーションツールであることを理解し、吹き替えなしで映画やドラマにニュースを見ることや、Barなど外国人が集まる場所に赴き英語を使うトレーニングをするといった傾向が強く、実用性のある英語習得に取り組む時間を増やしている傾向があります。これが、勉強方法の違いやスコアの差にも繋がっていると考えられるのです。
 

まとめ

 
TOEICスコアは企業の昇進・昇給などの査定基準に組み込まれているケースは多く、ハイスコアを獲得している人材ほど、グローバル案件など海外対応を任せられるケースが多いです。そういった限られたスキルを持っている人材が仕事で成果を上げることで、企業評価も高くなりますので、現代のグローバル化に適した英語力を引き上げる努力は将来を豊かにするスキルとなります。しっかりと使える英語力を養っていくことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約