英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

コンサルタントへのキャリアチェンジを考える際に重要な英語

2022/08/01

コンサルタントへのキャリアチェンジを考える際に重要な英語

 
コンサルタントという業種は、多種多様な企業とのつながりがあることやグローバル案件を扱うなどやりがいを感じられる仕事です。また、高収入や好待遇といったメリットもあるので、人気の高い職種です。今回は、コンサルタントへのキャリアチェンジを考える際に重要な英語についてお伝えします。
 

人気の職業・コンサルタントについて

 
コンサルタントという仕事は、経営戦略や経営改善のアドバイス・人材育成にM&Aなど企業が抱える問題を解決する職業となります。
 
国内大手のシンクタンクや外資大手のコンサルティングファームなど、企業数も多く顧客を抱えている規模も国内外問わないため、やりがいを感じながら仕事に慢心できるとされています。
 
また、クライアントの利のために働くことになるため、幅広い知識やスキルが求められる業界でもあるため、プロジェクトによっては激務になるケースもあるとされています。
 
しかし、大手企業の報酬は高く、20台後半で1000万円を超える給与を貰える人材も多いとされ、一般的な企業より年収が高いので、努力をしっかりと評価される業界でもあるのです。
 

コンサルタントへのキャリアチェンジを考える際に重要な英語

 
コンサルタントへキャリアチェンジを考えている社会人の方は、少なくはありません。
MBA取得者であったり、企業のマーケティング戦略を任せられていた経験を持つ方などそれなりの経験を積んだ方が転職するといったケースもあるのですが、必ずしもその転職が成功に繋がる訳ではありません。
 
自身の能力が通用しない・英語などの語学の利用割合が多く苦しむ。といった方が非常に多く、コンサルタントという業種は、経験を積み重ねていないと難しいとも言われています。
 
グローバル化によって多くのコンサルティング企業では、グローバル案件を取り扱う事が増えていたり、海外出張や海外赴任といった仕事を任せられる事も多く、語学力が低いことで仕事幅が狭まり、昇進や昇給を得られないといった事も起こるのです。
 
従って、コンサルタントという業種へキャリアチェンジを考えている方は、先ずは自身の語学力をネイティブレベルや流暢に英語を操れるレベルまで引き上げることをおすすめします。いくら能力が高くても、コミュニケーションを図るための英語が使えなければ、クライアントからの信頼も損ねてしまうので、語学面での失敗をするようなケースは未然に防いでおきましょう。
 

まとめ

 
コンサルタントは人気の高い職業なのですが転職採用も頻繁に行っている傾向にあります。優秀な人材を確保することを目指していることもあり、転職者の窓口も広いと考えられています。しかし、実際に転職してみて、自身の経験が活かせなかったや語学力が足らず苦労するといった方は多く、再転職を考えるケースも少なくはないのです。
コンサルタントとしてやっていけるように、キャリアチェンジで挑戦するのであれば、最低限英語力は高いレベルにまで、引き上げておくことが大事となるでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約