英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

コンサルタントも企業・社内環境で求められる英語力は違う!

2022/08/01

コンサルタントも企業・社内環境で求められる英語力は違う!

 
英語を頻繁に使用するコンサルタントという職業は、外資系コンサルタントファームと国内コンサルタントといった本社の所在が違うケースや、グローバル案件の多い少ないによって企業で必要となる英語力は異なります。今回は、コンサルタントも企業・社内環境で求められる英語力は違う!についてお伝えします。
 

英語の利用頻度が高いコンサルタント

 
就活生からも人気の高いコンサルタントという職業は、高収入・好待遇といったメリットが謳われていますが、英語の利用頻度が高い業種と言うイメージも強いと思います。
 
この英語の重要度も企業の形態や扱う案件が国内メインかグローバル案件が多いかによっても異なります。
 
まず、外資系コンサルタントファームは海外に本社を構える企業となるため、本社とのミーティングや海外支社とのやりとりもあるため、高い語学力が求められます。また、外国人社員も配属されているケースが多いため、日常的にも英語を使うことがあるので、高い英語力が求められる傾向にあるのです。
 
続いて、グローバル案件の多いコンサルタント企業。これは、国内のコンサルタントファームなど海外企業との取引が多いため、日常会話からビジネス英語と幅広い英語力を備えていなければなりません。
 
これらのパターンは、海外出張や海外派遣などの役割を担う事もあるため、英語がなければ仕事にならないというケースがあり、語学力アップは必須と言えるでしょう。
 
一方で、国内企業ばかりコンサルするケースでは、英語を必要としない場合もありますが、海外進出などを考えている企業のコンサルを行う場合には、海外情勢や海外シェアの情報収集など必要となるので、英語力を持ち得ていた方が業務の幅を広げられます。
 

社内環境によっても求められる英語力は違う

 
コンサルタントと職業に就く場合に必要となる英語力は、読み・書きにおいて一定の英語力は必要です。そして、外国人対応がある企業では当然ですが、聞く・話すといった技能も身に付ける必要性があります。
 
ただし、これらの能力も社内の環境によっても異なるので、英語の使用機会は少なくなるケースも存在します。ただし、キャリアアップやキャリアチェンジを考えた際に、重要なスキルとなるので、高い英語力を養っておいてデメリットはありません。
 
また、コンサルタントという職業は英語を使用する頻度は、他業種より多いため、英語力アップさせるのにも適した業種だと考えられますので、英語の基礎を備え働きながら成長する現場としてもおすすめです。
 

まとめ

 
コンサルタントは人気の高い業種でもありますが、就職するとなれば高い英語力が必要では?と考える学生も多いことでしょう。外資系や海外案件を多く抱える企業では高い英語力が求められます。ですが、国内のみで展開している独立系のコンサル企業では、英語を使う頻度は少なくなります。ただし、国内のクライアントで海外進出を目指すケースもあり、そういった場合には、英語力が必要とされるので、英語力は磨いておくべきなのがコンサルタントという職業であるという事を忘れてはいけません。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約