英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

ブーズ・アレン・ハミルトンのようなコンサル業務に必要な英語

2022/08/01

ブーズ・アレン・ハミルトンのようなコンサル業務に必要な英語

 
ブーズ・アレン・ハミルトンは、アメリカ合衆国バージニア州に本社を構える経営戦略とIT・技術系コンサルティングファームです。外資コンサル企業としても有名で日本オフィスを構えています。今回は、ブーズ・アレン・ハミルトンのようなコンサル業務に必要な英語についてお伝えします。
 

ブーズ・アレン・ハミルトンについて

 
ブーズ・アレン・ハミルトンは、1914年にエドウィン・G・ブーズがシカゴで開設した経営コンサルタント事務所が前身となり、2008年にブーズ・アレン・ハミルトンと社名を変更し、民間企業および米国以外の政府公共機関に対するコンサルティング業務を行うコンサルティング企業です。北米・欧州・アジア・オセアニア・中東・南米など、6大陸に90以上のオフィスを抱え、経営戦略とIT・技術系コンサルティングファームとして実績を残しています。
 
1983年には、東京オフィスを開設しており、2003年には日本法人のGCジャパン・インクと経営統合しています。
米国の就職情報サイトVault.comが発表している「Vault Consulting 50」では、6位にランキングされており、海外でも高学歴の就職希望者が多い企業です。
 

ブーズ・アレン・ハミルトンで必要な英語能力

 
ブーズ・アレン・ハミルトンの様な、コンサルタントという仕事では、英語を多用するケースが多くなります。
 
特に、外資系コンサルでは、海外案件を扱う割合が高いことや海外オフィスへの出張や駐在といった海外生活がベースとなるケースも多いので、英語力に長けている人材を見極めて採用する傾向が強いです。
 
従って、外資系コンサルで働きたいと考えている学生は、業務に必要な専門的な能力の向上だけでなく、語学面の向上も必要不可欠となります。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化され、英語総合力が向上します。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しくださいませ。
 

まとめ

 
ブーズ・アレン・ハミルトンは、歴史あるコンサルティング企業です。
グローバル案件など、多種多様なプロジェクトに加わることで、自身を成長させることができることでしょう。その成果を上げるためにも、専門的な能力だけでなくコミュニケーションツールとなる英語などの語学力アップも必要となる業種ですので、しっかりと伸ばしておくことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約