英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

マジシャンやお笑い芸人でも英語は必要?英語力で広げる世界

2022/08/02

マジシャンやお笑い芸人でも英語は必要?英語力で広げる世界

 
世界共通のエンターテイメントと言えば、音楽などをイメージする方が多い一方で、海外挑戦する際にマジシャンやお笑い芸人といった職業でも世界を目指せます。今回は、マジシャンやお笑い芸人でも英語は必要?英語力で広げる世界についてお伝えします。
 

マジシャンやお笑い芸人でも英語は必要?

 
大道芸人やマジシャンにお笑い芸人といった職種の方にとって、英語は必要か不要か?といった疑問を抱くこともあるでしょう。実際に出来たら幅広い世界で活躍できる手段が増えることに違いはありません。
 
海外ではオーディション番組も盛んに行われているため、一躍時の人となれるチャンスもありますし、ラスベガスなどのショービジネスの世界で仕事を得られる可能性もゼロでは無いと言われています。
 
言葉の壁を飛び越えることができれば、自身のキャラクターや技術を売り込むことができるのです。近年では、海外のアメリカズ・ゴット・タレントやブリテンズ・ゴット・タレントといった番組に出場する日本人のマジシャンやダンサーに芸人を目にするケースも増えています。
 
2013年には、格闘技ダンサー/マイムの蛯名健一さんがアメリカズ・ゴット・タレントの優勝者に。2019年にはゆりやんレトリィバァも出演したことで話題にもなりました。
このような海外の番組で名を売ることで、ショービジネスなどでも呼ばれるケースは増えるため、国内外で活躍の場を見出すことも出来るのです。
 

英語力で広げる世界

 
日本人にとっては苦手意識が強い英語ですが、英語が出来ることで世界を広げられます。
コミュニケーションツールの言語を操ることが出来れば、外国人との距離も近づきます。
日本にいる外国人が日本語で話しかけてくれば、見た目以上に怖さが薄れるといった印象を持ったことはありませんか?単一民族でもある日本人にとって、外国人への恐怖心の一番は言葉が伝わらないといった恐れから来るとも言えます。
 
言葉の壁を取り払うことができると、距離は縮まるのです。
相手が何を言っているのか分からない。そういった体験をしないためには、語学力は非常に重要なのです。
 
また、海外挑戦する際には、相手の言葉を聞く・自分の言葉を相手に伝える。
この事ができるだけで、様々な事を行えるようにもなります。そして、オーディション番組などに出演してみるといった挑戦も行えるので、語学力アップはマジシャンや芸人にも身に付けられることでプラスに働く要因にもなるのです。
 

まとめ

 
マジシャンやお笑い芸人などの職種においても語学力があることで、ワールドワイドな仕事展開を行えるため、日本国内だけでの活躍を目指すのではなく、世界が仕事場になります。特に、技術の高い人などはラスベガスなどのショービジネスの世界で雇用されるような事になれば、収入面で得られる金額も変わってくることを考えると、語学力アップはメリットが大きいため、英語習得に励んでみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約