英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

リクルートやBIZREACHなど求人サイトで見る英語の重要性

2022/08/02

リクルートやBIZREACHなど求人サイトで見る英語の重要性

 
就職活動を控えた学生や転職を考える社会人が、職に就くために就職・転職サイトに登録し、働きたいと思う企業を探すケースは多いことでしょう。今回は、リクルートやBIZREACHなど求人サイトで見る英語の重要性についてお伝えします。
 

求人サイトに記載のある英語力

 
学生や社会人の方が求人サイトを使用して職を探す際に、自身のスキルなどの能力を活かして企業を検索すると、TOEICスコア650点以上のスコアがなければ応募資格がないや大学院での修士や博士の学位を授与していなければ応募資格がないなど、様々な条件が記載されています。
 
近年では、非喫煙者でなければ応募資格がないやコミュニケーションスキルとして英語を活用できる人材など時代背景的な条件もあるため、学生や転職希望の社会人も、企業の要望を把握しなければなりません。
 
特に、大手企業だけでなく海外との取引が増えている企業では、高い英語力を求めるケースが増えているので、TOEICスコアのみならずコミュニケーションツールとしての英語力を身に付けるトレーニングを積まなければならない状況です。
 

年々高まる英語の重要性

 
求人サイトに登録し企業の応募要項に目を向けると、TOEICスコア〇〇点以上などの英語にまつわる応募条件が組み込まれているケースが増えています。また、スコアは問わないけれど、業務上で英語を使うケースが多いなどの情報が載っていることもあるので、応募する以前に自身の英語力が低くて応募を見送る方も多いのではないでしょうか。
 
現代社会において、英語は海外と繋がるコミュニケーションツールであり、ビジネスツールとされているため、英語力の有無は非常に重要であると考えられています。
 
これは、業種問わず海外取引がある企業では必須スキルとなっているので、入社後にレベルアップを図るのではなく、最初から高いレベルで英語を使いこなして欲しいという企業側の要望でもあるのです。
 
むしろ、この要望をクリアできている人材は採用のチャンスが広がる・様々な企業へ応募できる条件を満たすという事にも繋がります。ですので、求人サイトを見て企業がどういった人材を欲しているのかや、自分のスキルでどういった企業へ応募できるか把握することは大事なのです。そして、足らない能力を伸ばすことで意中の企業へ採用される可能性を高めることへ繋がっていきます。
 

まとめ

 
求人サイトを利用する学生や社会人にとって、自身を高く評価してくれる企業へ就職したいと考えることは至極当然です。また、給与などの待遇が良いなど考慮するポイントは多いでしょう。しかし、企業側の要望を満たしていなければ、採用される可能性は低くなります。現代社会では、英語力などのスキルも非常に重要なポイントとなってきますので、しっかりと企業が求めている人材へと成長して挑戦していきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約